Violinear

ウィーン・フィルがアカデミーを創設 第1期生は12名

146_606px-Musikverein_Vienna_June_2006_480

ヴァイオリンは2名 個人レッスン・オケ実習・室内楽等で育成

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団がオーケストラアカデミーを創設し、次代を担う若手演奏家の育成に乗り出した。

2019年夏に行われたアカデミー第1期生のオーディションに合格したのは12名。

年齢は18~27歳、11の専攻楽器に渡り、国籍はオーストリア4名、アメリカ2名、韓国、ロシア、スロヴェニア、スイス、イタリア、ハンガリー各1名だった。

ヴァイオリンは2名で、アメリカの Hannah Cho さんは、ジュリアード音楽院を経てマンハッタン音楽院に在籍。「2016アリス&エレノー・シェーンフェルド国際弦楽コンクール」ヴァイオリン部門第3位、「2019マイケル・ヒル国際ヴァイオリンコンクール」第5位。

アカデミー生には、2019~21年シーズンの2年間の研修期間中に、各パートの団員による個人レッスン、ウィーン・フィルのリハーサル・公演・ツアーでのオーケストラ実習、室内楽の指導と楽友協会での演奏会、オーディションへの準備、メンタル&プレゼンテーションコーチ、楽友協会資料室・国立図書館での資料・楽譜の閲覧など、様々な育成プログラムが無償で提供される。

もちろん、アカデミー生になることで、ウィーン・フィルへの入団(※)が必ずしも有利になるわけではないが、1972年にオーケストラアカデミーを創設したベルリン・フィルでは、現在、団員の3割がアカデミー出身者で構成されるようになったという。(※)ウィーン国立歌劇場管弦楽団のオーディションに合格し、3年間実績を積むことが必要

ウィーン・フィルの育成プログラムにはオーディションへの準備も含まれており、今後、アカデミー出身者からウィーン国立歌劇場管弦楽団あるいはその他の著名なオーケストラのオーディション合格者を輩出することが期待される。

また、ウィーン・フィルのオーストリア以外の外国出身の団員は増加しつつあるものの、その多くは中・東欧やロシアに限られ、それ以外の国の出身者はまだ少ないのが現状だ。

今後のアカデミーの展開が、ウィーン・フィルのさらなるグローバル化を推し進めるかどうかも注目される。

【Members of the Vienna Philharmonic Orchestra Academy 2019-2021】

Paul Blüml(Austria)/ Oboe

Hannah Cho(USA)/ Violin

Andraž Golob(Slovenia)/ Clarinet

Patrick Hofer(Austria)/ Trumpet

Hana Jeong(South Korea)/ Double Bass

Kelton Koch(USA)/ Trombone

Andrei Krivenko(Russia)/ Flute

Ulisse Mazzon(Italy)/ Violin

Samuel Mittag(Switzerland)/ Viola

Michael Stückler(Austria)/ Horn

Benedikt Sinko(Austria)/ Violoncello

Szabolcs Szöke(Hungary)/ Bassoon

ウィーン・フィル公式サイト

(関連記事)
【初公開】 ウィーン・フィルのオーディション風景
【キュッヒル後継】 ウィーン・フィルがオーディションを実施
ウィーン・フィル、新コンサートマスターを発表
【ウィーン・フィル】女性ヴァイオリン奏者7名のプロフィール
ウィーン・フィル、新たな女性ヴァイオリン奏者を採用

photo by Gryffindor

 悲観的な人は風に文句を言い、楽観的な人は風向きが変わるのを待つが、現実的な人は帆の向きを風に合わせる。
(The pessimist complains about the wind; the optimist expects it to change; the realist adjusts the sails)

ウィリアム・アーサー・ウォード(効く言葉 List

Return Top