Violinear

7歳で国際ヴァイオリンコンクールを3連覇-吉村妃鞠さん

7歳で国際ヴァイオリンコンクールを3連覇-吉村妃鞠さん

2019年5月18日〜25日、イタリア・フェルモで開催された「第26回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール」で、日本の吉村妃鞠さん(7歳)がカテゴリーA(11歳以下)で第1位、さらに全部門を通じての総合グランプリ(Absolute Winner Prize)を獲得した。

吉村さんは、3月にベルギー・ブリュッセルで開催された「2019若いヴァイオリニストのためのアルテュール・グリュミオー国際コンクール」のカテゴリーA(10歳以下)でも第1位と総合グランプリを獲得。

また2018年に同地で開催された「2018若いヴァイオリニストのためレオニード・コーガン国際コンクール」の第1カテゴリー(9歳以下)でも第1位を獲得しており、7歳でヨーロッパの主要なジュニア国際コンを次々と制覇する快挙を成し遂げた。

吉村さんは、2019年11月にモスクワで開催される国際音楽祭(”Moscow Meets Friends”)でウラジーミル・スピヴァコフ氏指揮:ロシア・ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団と共演する予定。

”Himari Yoshimura, 7, plays Paganini at Grumiaux Competition”(”The Strad”)

「第10回(2017)国際ジュニア音楽コンクール」ヴァイオリンA部門(未就学児)

第1位 吉村妃鞠 さん
モーツァルト 作曲 / ヴァイオリン協奏曲 第3番 第1楽章

東洋楽器 バイオリンケース ULシェルONE(サイズ:4/4-1/16)

 才能は内なる可能性を表す「風」。創造性のスキルはその「風」を受けて、芸術という船を進める「帆」。「帆」がなければ、才能という「風」は吹き去っていくだけで、どこにも連れて行ってはくれない。

ジェラルド・クリックスタイン(List

Return Top