Violinear

コンクールの客席で-楽器商のヒソヒソ話 ①

51_Amsterdam_-_Muziekgebouw_-_0408
演奏・拍手

「いい音。これはおたくの楽器?」

「はい、A先生門下です。本体は600ですが。弓がいいんですよ、250。」

「鳴らせる子なんでしょうねえ。中にはロッカ(Rocca)やプレッセンダ(Pressenda)持ってる出場者もいるって聞きますが。」

「さあ、さすがにそれはほとんどないでしょうね、借りてる場合は別にして。ファニョーラ(Fagnola)、スカランペラ(Scarampella)、ビジャッキ(Bisiach)あたりはいるかもしれませんが。」

演奏・拍手

「コンテンポラリーで、100~150ってとこでしょうか。」

「比較的今年はそのクラスを見かけますね。しかし、弓にはもっと投資したほうがいい。」

「ヴァイオリンらしい音が出せないと、中学生の部からはきつくなるかもしれません。小学生の部は楽器を鳴らしきっていない子がほとんどです。」

「B門下では、本体400アップ、弓150アップが、フルサイズ購入額の水準との噂ですが、つけこんでませんか、Cさんは。」

「Cさんところは、もともと値付け高いし。それで商売やれるんだから、うらやましい限りですね。」

演奏・拍手

「4分の3? いい音、出してますね。」

「分数でも出せる子は出せるんです。楽器はあまり関係ない。」

「そういう子が、モダンの比較的いいのを持てば、楽器の本領発揮。より良くなるということですね。」

「楽器はあくまでも “より良くする” ものであって、もともと悪いものを良くすることなどできません。」

「楽器だけ良くても、だめということですね。」

「でも、わが子にはできるだけいい楽器を、と考えるのが親心でもあるわけで。」

「私たちの商売も、そこで成り立っているわけです。」

【特集】学生音コン 審査のリアル

photo by Jorge Royan

 悲観的な人は風に文句を言い、楽観的な人は風向きが変わるのを待つが、現実的な人は帆の向きを風に合わせる。
(The pessimist complains about the wind; the optimist expects it to change; the realist adjusts the sails)

ウィリアム・アーサー・ウォード(効く言葉 List

Return Top