Violinear

▶新潮社の大反響ノンフィクション小説、待望のコミック化!! 
▶藝大生を妻に持つ主人公が。彼女の突拍子もない行動を目にするうち、藝大生に興味を抱き、潜入取材をする事に。
▶そこで目にした驚きの実態とは……!? 謎に満ちた“芸術界の東大”のカオスな日常を描く、抱腹絶倒の探検記。

[まとめ買い] 最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常

【彼は誰?】 クライスラーのコンサートで伴奏の譜めくりをした経験あり

retro  musical background
彼はアジが大好きでした。アジといっても、魚のアジではありません。

ある時、国旗のことを「肥やしの山の上に立てるしか意味のない棒切れ」とアジって、受けたこことがあります。

彼の父は社会主義者、母は小学校教師。芸術的気質は母から受け継ぎ、ヴァイオリンの腕前はなかなかのものだったと言います。

政治的な指導者となった後も、音楽界への関心は少なからず持っていました。あまり知られていませんが、彼の肝入りで国立のヴァイオリン製作学校が設立されました。

プライベートな面では、別荘にフリッツ・クライスラーを招待。自ら伴奏ピアノの譜めくりを買って出たというエピソードもあります。

彼の四男は、デューク・エリントンとも親交があったジャズ・ピアニストです。

さて、彼は誰でしょう?

photo credit: hmomoy via photopin cc

 ヴュータンは壮大なスタイルで書きました。その音楽はどこをとっても豊かでよく響くものです。自分のヴァイオリンをよく鳴らそうと思うなら必ずヴュータンを弾いてほしいですね。

ウジェーヌ・イザイ(List

Return Top