Violinear

カイザーの練習曲について留意すべき点

10833-5778-thickbox

まずテクニックに慣れることが先決

カイザーの練習曲(“Kayser 36 Etudes”)は1つの曲の中に指導項目が入り組んで書かれているため、クロイツェル(“Kreutzer 42 Studies”)などよりも余程指導しにくいところがあります。

強弱については生徒側の事情と指導者のカリキュラムの関係があるので一概には言えませんが、元々子供は身体も発育途上にあり、ダイナミクスのレンジが狭いものです。放っておけば全部メゾフォルテくらいで弾いてきます。

そこで無理にフォルテを要求すると大概が弓を押し付けてぎりぎりやります。

これに慣れてしまうと耳元でぎーぎー鳴る音を聞かなければ気が済まなくなります。本人はフォルテを出しているつもりで実は汚いノイズを撒き散らしているだけ、というケースも多いのです。

また、子供はとりあえず1つのことに集中させた方が効率的です。ワンボウ・スタカート、スピカートなどを習得しながら同時にダイナミクスのつけ方を練習する(=弓の配分、呼吸の配分など)のはかなり大変です。

ひと通りテクニックに慣れるまでは強弱についてはあまりうるさく言わないようにしている指導者も少なくありません。

カイザーを「曲のように弾く」のは理想ですが、ケースバイケースであることも心に留めておきましょう。

neko語録-logo_renewal_「neko 語録」とは?

 悲観的な人は風に文句を言い、楽観的な人は風向きが変わるのを待つが、現実的な人は帆の向きを風に合わせる。
(The pessimist complains about the wind; the optimist expects it to change; the realist adjusts the sails)

ウィリアム・アーサー・ウォード(効く言葉 List

Return Top