Violinear

14歳が作った手描きアニメ “ザ・ヴァイオリン・プレーヤー”

violinplayer
世界銀行等が主催する気候変動をテーマとした動画コンテスト「Action4Climate」。

審査員にベルナルド・ベルトルッチやヴィム・ベンダースをはじめ、著名な映画監督やプロデューサーらが名を連ねる同コンテストには、今回、2つのカテゴリー(14歳~17歳の部 / 18歳~35歳の部)に、世界70カ国から230の作品が集まりました。

その中から10作品が受賞作に選ばれましたが、14歳~17歳の部では、ヴァイオリン奏者を主人公にした “The Violin Player” という作品が第1位に輝きました。

メッセージ性の強い実写ドキュメンタリー作品が多い中で、セリフやナレーションを排したユニークな手描きアニメーションと効果的な音楽で、気候変動の行き着く先の世界をイメージ喚起力豊かに表現したこの作品は、アルゼンチンの Francina Ramos さん(14歳 作画)と Benjamin Braceras さん(14歳 作曲)が製作しました。

コマ撮りに要した手描きの原画の総数は1000枚を超えるとのことです。

シンプルな線で表現されるヴァイオリン奏者の表情の刻々の変化がとても印象的な一編です。

“ACTION4CLIMATE”

動画コンテスト応募要項(日本語版)(PDFファイル)

 悲観的な人は風に文句を言い、楽観的な人は風向きが変わるのを待つが、現実的な人は帆の向きを風に合わせる。
(The pessimist complains about the wind; the optimist expects it to change; the realist adjusts the sails)

ウィリアム・アーサー・ウォード(効く言葉 List

Return Top