Violinear

【鬼親伝説①】 ある郵便配達員の “証言”

10_medium_4272899457

郵便配達は一度もベルを鳴らさない

ああ、あそこの赤い屋根の家ね。よく知っているよ。平日の午後は、いつもすごい怒鳴り声が聞こえてくるからねえ。

1階の居間からだよ。窓が開いていると、そりゃあ凄い。爆弾だ、あれは。

こっちが震えあがっちまうよ、本当に。

なにもあそこまで、滅茶苦茶な叱り方しなくてもいいと思うんだけどなあ。

「いつもいつも同じこと言わせないで。」ガタ~ン。バシ~ン。
「どうするの、こんなんで。明日レッスンでしょ。」ビシ~ン。ボシ~ン。
「泣くな! 泣いている時間がもったいない。」バコ~ン

とかね。

だいたい、いつも同じようなことを、凄い剣幕でがなりたてているなあ。

物ぶつけたり、叩いたり、いろんな物音が聞こえてくる。

そりゃあ、恐いよ。

そんでもって、最後は、さあ。

「それなら、やめろ!」「出て行け!」ガラガラバッシャ~~ン、かな。

玄関から、泣きすがる子供を追い出そうとしている光景を見たことがあるよ。

速達や書留めの配達でハンコをもらう必要がある場合は、その家の玄関の呼び鈴を鳴らそうと思うんだけどね。

この怒鳴り声が聞こえくると、やっぱり呼び鈴は絶対押せないやね。

いたたまれなくなってしまう。

仕方がないから、不在通知を郵便受けに入れて、逃げてきたこともあった。

そうすると、後で、局にクレームが来るわけ。

「私はその時間確かに在宅していたのに、なぜ不在通知なの?」って。

またこっちのほうでも、凄まじい剣幕。

もっと、穏やかにできないものなのかねえ。

ところで、この家の子は、何やってるの?

えっ、ヴァイオリン? ヴァイオリンなの?

ヴァイオリンの音なんて一度も聞いたことないけどね。そうなんだ。

いつも、いつも、怒鳴り声のオンパレードだからね。

* このシリーズはすべてフィクションです。

photo credit: RubyGoes via photopin cc

 悲観的な人は風に文句を言い、楽観的な人は風向きが変わるのを待つが、現実的な人は帆の向きを風に合わせる。
(The pessimist complains about the wind; the optimist expects it to change; the realist adjusts the sails)

ウィリアム・アーサー・ウォード(効く言葉 List

Return Top