Violinear

King Gnu 常田大希の言葉が転機に 芥川賞作家・遠野遥

King Gnu 常田大希の言葉が転機に 芥川賞作家・遠野遥

それは、平成に生まれ、令和でブレイクした鬼才同士が、思わぬ形でリンクした瞬間だった。

2019年に小説『改良』でデビューし、2作目の『破局』でいきなり芥川賞を受賞した作家 遠野遥(29歳)。

米津玄師のようなヘアスタイル。

高校・大学時代はバンドでギターを弾き、ひたすら運指などの基礎練習に励んだという。

芥川賞受賞後に受けた文藝春秋のインタビューでは、影響を受けた人物として文豪の夏目漱石の他に、もう一人意外な名前をあげた。

それは、遠野がいつも聴いている大好きなロックバンド 、令和の音楽シーンを席巻する King Gnu のリーダー常田大希(28歳)だ。

何が、同世代の鬼才同士を結び付けたのか。

それは、常田大希のツイッターの投稿だった。

その投稿を読んだ遠野が、自らの小説の創作方法のヒントになる重要なインスピレーションを得たというのだ。

King Gnuに影響を受けました」平成生まれ初の芥川賞作家・遠野遥が見せた素顔(文春オンライン)

遠野が影響を受けた常田のツイートは、おそらく2017年9月28日のものだろう。

新曲『Vinyl』の Music Video 公開を伝えつつ、常田は以下のように書いている。

ムシャクシャした時に書いた曲だからムシャクシャした時に歌ってくれ.

“意図するなよ
この身など
博打だろ?”

がパンチライン.

サウンドも気に入ってる.

それまで小説の盛り上がりなどはあまり考えたことがなかった遠野は、常田のこの言葉に強い影響を受け、以来、自分の作品のパンチライン(決めどころ)はどこかと、物語の起伏を意識して書くようになり、それが作家としての出発点になったという。

パンチラインという創作技法上の共通項だけでなく、遠野の小説と King Gnu の音楽には対象への迫り方において相通じるものがある。

芥川賞受賞作『破局』の主人公はルールやマナーを執拗に守る過剰な規範性という甲羅の下に、自らの行動の動機や湧き起こった感情さえも疑う不気味な自我の闇を潜ませている。

異様にデフォルメされてはいるが、我々の中にも微かに存在している闇。

変で不気味だが、決して我々と無縁ではない。

そんな感覚がこの作品への無意識の共感を呼び起こす。

King Gnu は、もともとアヴァンギャルドな表現を志向していた常田が、J-POP という規範にあえて自らを封じ込め、そこから生じるズレや歪みをも包摂しつつ、人々の隠れた感覚に訴えかけ、新たなポップネスへと到達しようとする音楽的な試みだと言える。

いずれも通念に潜む共感覚の闇をすくい取ることによって、新たな創作の地平を切り開こうとする。

思わぬ形でリンクした2つの鬼才の今後に注目しよう。

遠野の父はBUCK-TICKの櫻井

遠野遥と音楽との深い関わりを示す新たな事実として、10月7日、遠野の父がロックバンド BUCK-TICK のボーカル櫻井敦司(54歳)であることが明らかになった。

「芥川賞の遠野遥さん・バクチク櫻井敦司さん、親子と公表」(朝日新聞デジタル)

by: 三木拓(音楽ライター)

【第163回 芥川賞受賞作】破局

King Gnu(キングヌー) 新曲は「三文小説」武道館ライブ決定! 

【King Gnu 常田大希】芸大・チェロ・Nコン・マリンバ 異才に注ぐ音楽の水脈

King Gnu(キングヌー)は J-POP 最強バンド その4つの理由

King Gnu(キングヌー)『CEREMONY』全曲レビュー

 悲観的な人は風に文句を言い、楽観的な人は風向きが変わるのを待つが、現実的な人は帆の向きを風に合わせる。
(The pessimist complains about the wind; the optimist expects it to change; the realist adjusts the sails)

ウィリアム・アーサー・ウォード(効く言葉 List

Return Top