Violinear

【King Gnu 常田大希】芸大・チェロ・Nコン・マリンバ 異才に注ぐ音楽の水脈

【King Gnu 常田大希】芸大・チェロ・Nコン・マリンバ 異才に注ぐ音楽の水脈

斬新な音楽的手法の『白日』

メジャーデビュー1年目にして、2019年末に「第61回日本レコード大賞」優秀アルバム賞を受賞し、NHK 紅白歌合戦に初出場した、大プレイク中のロックバンド King Gnu(キングヌー)。

テレビドラマの主題歌となったメガヒットチューン『白日』は、ストリーミング総再生回数で2億回を突破した。
※2020/3/30時点(公開から約1年1か月で)

また、『白日』の MV も短期間で驚異的な再生数を記録中で、国内では「MTVビデオ・ミュージック・アワーズ2019」で史上初の2冠(最優秀新人アーティストビデオ賞・年間最優秀ビデオ賞)に輝き、欧州最大級の音楽授賞式「2019 MTV EMA」でも「ベスト・ローカル・アクト賞 “BEST JAPAN ACT” 」を受賞した。

そんな飛ぶ鳥を落とす勢いの King Gnu の作詞・作曲・編曲・ギター・ボーカル・キーボードを担当する常田大希(つねただいき)さんは、東京藝術大学音楽学部器楽科チェロ専攻の出身だ。

多くの人を魅了する『白日』は、既存の J-POP のヒット曲にはない斬新な音楽的手法で作られている。

静から動への劇的展開、絶妙に変転する調とリズム。オルガンの響きがコラール(教会歌)を思わせる一方、高低部の顕著な振れ幅により描かれる旋律線は、J-POP のボーカル曲としては極めて異質で、器楽的でさえある。

また、ニューアルバム『CEREMONY』は、クラシック、ジャズ、R&B、ヒップホップ、ラウドロック、グランジロックと、あらゆるジャンルを呑み込んで、 King Gnu 独自のフォーマットに落とし込んだ会心作だ。

その「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」と呼ばれる音楽スタイルには、常田さんがこれまでに学んできた音楽の影響が少なからず見て取れる。

幼少期からチェロを習いつつ、中学時代は合唱部にも所属。全国屈指のコンクールに入賞した実績も持つ常田さんの音楽の水脈を探る。

6歳で兄・母と共演

常田大希さんは、1992年5月15日生まれ。

学歴は、伊那市立東部中学校卒業、長野県立伊那北高校卒業、東京藝術大学音楽学部器楽科チェロ専攻入学・中退。

幼少期から早期音楽教育で定評のあるスズキ・メソード(才能教育研究会)でチェロを習った。

6歳でコンサートに出演、兄の常田俊太郎さんもヴァイオリンで共演した。※「長瀬冬嵐クラスの生徒たちによるチェロコンサート」(1998年10月11日)。この時の プログラム には常田理恵さんという名前もあり、お母様がピアノ伴奏を務めたと思われる。

合唱コンクールの最高峰Nコン全国大会出場

チェロを続けながら、伊那市立東部中学校時代には合唱部にも所属していた。

同郷の King Gnu ボーカルの井口理(さとる)さん(東京藝大声楽科卒)も同じ中学の1学年下で、合唱部の一員だった。

同合唱部は2007年、「Nコン」として知られる「NHK全国学校音楽コンクール」中学校の部で、地区大会・県大会・関東甲信越大会をすべて最高位の金賞で勝ち抜き、全国コンクールに出場、優良賞を獲得した。

この時、課題曲『めぐりあい』では合唱に加わっていた常田さんだが、自由曲『IMBENI~魂の夜明け~』では、マリンバの伴奏を担当。初めてマリンバを手にしたのは地区大会が始まる1ヶ月前だったという。

楽器をマルチにこなす才能は、すでにこの時期に開花していた。

チェロと合唱部以外では、中学生ですでにバンドを結成、ギターやベースを弾き、MTR(マルチトラックレコーダー)を使って作曲も始めた。

幼少期からチェロを弾く常田さんは絶対音感を持っている。

そして、フレットのないチェロを自在に弾きこなす常田さんなら、ギターやベースの左手の運指は難なく修得できたはずだ。

ベースとチェロの全国コンクールW入賞の離れ業

高校生になると、ロックとクラシックの両分野でトップ演奏家としての頭角を現す。

まず、高校2年(17歳)で、アーティスト志望の若手奏者にとって国内最高峰の決戦場と言われた「最強プレイヤーズコンテスト2009」(リットーミュージック主催)のベース部門で準グランプリを獲得。

そして高校3年(18歳)では、国内屈指のクラシック音楽コンクールである「日本クラシック音楽コンクール」全国大会のチェロ部門・高校の部で第3位に入賞した。

楽器を究めるなら、チェロかベースか、どちらかひとつに絞るのが普通だろう。

しかもチェロは、幼少期からその道一筋で、専門の先生から厳しいレッスンを受ける英才教育の積み重ねがなければ、全国コンクールで入賞するレベルにはまず到達できない。

ベースにしても、趣味でかき鳴らしバンドを組む程度ならともかく、テクニックを磨き、腕利きのライバル達と競って全国2位を獲得するのは、並大抵の努力では不可能だ。

その二つを並行してやり遂げてしまう。

さらに楽器演奏のみならず、作曲やアレンジの手法も学び、オリジナリティに富む楽曲を作る実践も続ける。

ジャンルを超えて、ストイックに音楽を探求する姿勢は、現在、King Gnu が標榜する「トーキョー・ニュー・ミクスチュア・スタイル」へと繋がっている。

そして、そのスタイルを支える基盤となっているのが、東京藝大受験に向け培われたアカデミックな音楽の素養だ。

狭き門の東京藝大チェロ科に入学、小澤征爾と共演

東京藝大にはチェロ専攻で入学した。

毎年、全国の同世代トップクラスのチェリストが5〜6名しか合格できない狭き門だ。

藝大受験では、チェロの実技試験に加え、副科ピアノの実技と音楽に関する基礎能力検査(聴音・楽典・新曲視唱・リズム課題)が課される。

たとえば副科ピアノは、モーツァルトやベートーヴェンのピアノソナタなどが入試の課題曲になる。

だから、ロックやボッブスジャンルのキーボードや電子ピアノの演奏は、藝大受験を経てきた常田さんと井口さんなら難なくこなせる。

また、聴音(耳で聞いた旋律や和音を楽譜に書き記す)、新曲視唱(新しくもらった楽譜を見て、練習せずにその場で正確に歌唱する)、楽典(楽譜を読み書きするために必要な理論・ルールを修得する)についても、藝大受験のためには専門の先生に師事して学ぶ必要がある。

すでに藝大に入学した時点で、高いレベルの音楽性と表現力、クリエイティブな演奏活動の基礎が出来上がっていると言ってもよい。

もちろんアーティストになるには、アカデミックな音楽教育は必須条件ではない。

しかし、音楽的基礎のない我流の知見や技術に拠る場合に比べれば、独創性を生み出すための引き出しの数や深さの点で違いを生むのは明らかだろう。

作曲もインスピレーションに頼ることはなく、どちらかというと数学に近いロジックで行っていると常田さんは語る。

そして、ストラヴィンスキーやプロコフィエフの音楽を探求するだけでなく、そこにサイケデリックなロックサウンドとの共通性を見い出す。

それは、クラシックとロックのいずれの道でも真摯に妥協せず進んできた常田さんならではの、音楽家としての独自の境地を示していると言えるだろう。

2011年には、各楽器の国内トップクラスの若手奏者の中からオーディションで選抜され「小澤国際室内楽アカデミー奥志賀」にチェリストとして参加し、小澤征爾氏の指揮でモーツァルトやチャイコフスキーを演奏した。

J-POP 革命前夜 その先にあるもの

クラシック音楽で培った土壌にしっかりと根をはりつつ、ロックや R&B での楽器プレイとアレンジ手法も究め、今、創造の枝葉を自在に拡げて、ジャンルの垣根を取り払い、融合し、さらにジャンルの概念自体をも超えていく。

あえて J-POP の領域に身を置いた King Gnu だが、見据える先にあるものは J-POP 音楽の革新にとどまらない。

常田さんは、音楽と 3D 映像のミックスにより今までにないライブ体験を提示する millennium parade(ミレニアム・パレード)というプロジェクトも主宰し、King Gnu と並行して精力的な創作活動とライブパフォーマンスを展開している。

2019年12月には大阪と東京でのライブを成功させ、ファッションブランド「DIOR(ディオール)」とのコラボレーションを実現。

また、2020年4月には、 NETFLIX による全世界独占配信のアニメ、「攻殻機動隊」シリーズ最新作 『攻殻機動隊SAC_2045』のオープニング・テーマ曲を担当した。

日本のボッブネスの世界戦略をも構想する異才から、この先どんなスリリングな作品が放たれるのか。

『Sympa』からわずか1年後にリリースされた King Gnu のニューアルバム『CEREMONY』。

CEREMONY (初回生産限定盤) (Blu-ray Disc付)

収録された12曲のうち、TVと映画の主題歌が2曲、TVCM 曲が5曲を占める。

マニアックなサウンド構造でありながら同時に人々を魅了してやまないキラーチューンが、これでもかと詰め込まれたこの渾身の傑作アルバムは、Billboard JAPAN 2020年上半期総合アルバムチャートで、CDセールス 402,011枚、ダウンロード数 73,392DL を記録し、第1位を獲得した。

もはやヌーの群れの増殖は、誰にも止められない。

兄は東大卒 江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第3位

ちなみに、兄の常田俊太郎さんは、「第9回(2004年)江藤俊哉ヴァイオリンコンクール」ジュニア・アーティスト部門で第3位に入賞。

東京大学工学部卒業後、戦略コンサルティング会社を経て、株式会社ユートニックを設立し、代表取締役に就任した。

会社経営の傍ら、「JPCO(Japan Popular Classics Orchestra)」等に所属してヴァイオリニストとしても活動しており、King Gnu と millennium parade の楽曲にもサポートメンバーとして参加している。

【参照サイト】
「鈴木鎮一記念館」
「伊那谷ねっと」
「最強プレイヤーズコンテスト2009」
「日本クラシック音楽コンクール」
「小澤国際室内楽アカデミー奥志賀」
「ルネこだいら(小平市民文化会館)」
「音楽主義」
「JPCO(Japan Popular Classics Orchestra)」


CEREMONY (初回生産限定盤) (Blu-ray Disc付)


CEREMONY (通常盤)


Sympa(通常盤)


Tokyo Rendez-Vous

King Gnu(キングヌー)の新曲は「三文小説」 ドラマ「35歳の少女」主題歌 

芥川賞作家に影響を与えた King Gnu 常田大希のツイートの中身

King Gnu(キングヌー)『CEREMONY』の魅力に迫る 全曲レビュー

King Gnu(キングヌー)は J-POP 最強バンド その4つの理由

 悲観的な人は風に文句を言い、楽観的な人は風向きが変わるのを待つが、現実的な人は帆の向きを風に合わせる。
(The pessimist complains about the wind; the optimist expects it to change; the realist adjusts the sails)

ウィリアム・アーサー・ウォード(効く言葉 List

Return Top