Violinear

King Gnu(キングヌー)は J-POP 最強バンド その4つの理由

King Gnu(キングヌー)は J-POP 最強バンド その4つの理由

King Gnu(キングヌー)が、まだあまり売れていなかった頃、常田大希はこう言った。

「今一番売れている音楽が、最も良い音楽だなんて思わないでほしい」

最高のクォリティの音楽を、日本で一番売れる音楽にしたい。

そんな野望は、メジャーデビューからわずか1年で実現した。

2019年の年末に NHK 紅白歌合戦に出場、年明けの1月15日にリリースしたサードアルバム『CEREMONY』は、発売1週間でいきなり25万枚を売り上げ、Billboard 週間アルバムチャートで首位に躍り出た。

また、メガヒットチューン「白日」は、「オリコン週間ストリーミングランキング」の週間再生数(533.5万回)で歴代1位を記録。

革新的でありながら、多くの人々を魅了する、楽曲・ボーカル・演奏・アレンジ、あらゆる面において、他をしのぐ驚くべきレベルにあるバンドと言っても過言ではない。

そんな King Gnu を J-POP シーンにおける最強のバンドであると考える4つの理由を以下に示した。

章末にはアルバム「CEREMONY」の全曲レビューも付した。

※この記事は敬称を省略します。

理由1【サウンド力】
キャッチーで、凝った音作り

日本では、曲作りにおいて本格的な洋楽系のアプローチをとると、サビや歌謡性に慣れたリスナーの耳には少々縁遠いサウンドになりがちだ。

そこで、親しみやすいメロディを縦横に駆使しつつ、インストバンド級の強力なリズムラインで下支えして、グルーヴ感を引き立たせる。

マンネリズムを排した多彩な展開に、特異な転調とリズムパターンを加え、精巧なアレンジを施す。

キャッチーで聴きやすいが、鳴っている音は凝りに凝っていて、とてもマニアック。

この矛盾の対置、違和感の表出こそ、 King Gnu の真骨頂と言える。

バンドとしての技術があり、生音は十分にクォリティが高い。

しかし録音では、エレクトロサウンドを大胆に取り入れ、トラックを重ね、精緻に作り込む。

アンサンブルを重視し、ソロパートの主張は抑え気味。もちろん、ここぞというポイントでは一点豪華なソロがフィーチャーされる。

そしてミキシングが立体的な響きを絶妙に演出する。

同じ曲をイヤフォンで聴くと、その醍醐味がよくわかる。

「これ、イヤフォンで聴くと、凄い!」とリスナーは新鮮な驚きを覚える。

イントロがなく、冒頭から耳を惹きつけるフレーズを次々とたたみかける曲もあり、ストリーミングに慣れた移り気しやすいリスナーへの訴求にも抜かりがない。

メガヒットチューン『白日』の3つの主要なメロディ(通称Aメロ・Bメロ・Cメロ)は、すべてがサビと言えるほどの強度とこだわりで作られている。

これは既存の J-POP 音楽では考えられない斬新なアプローチだ。

女声とまがう高音域のボーカルが紡ぐバラードでありながら、一方でベースとドラムがファンキーなリズムを刻む。

どちらも技巧的に群を抜くレベルにあるが、互いに主張しすぎずに共存し、対比されつつ提示される。

ボーカルが心地よいメロディーラインを動いていくだけの音楽ではない。

徹底的に尖ったセッション系の技巧バリバリの音楽でもない。

両方をほどよく対置する。

録音ではその絶妙のバランス感覚が光っている。

理由2【演奏力】
炸裂するロウ感

精緻に作り込まれた録音から一転して、ライブではアレンジを変え、バンドとしての強圧的なロウ(生)の音で攻め立てる。

スキルフルな奏者たちによる自在のプレイが前面に押し出される。

言わば、録音とライブの対置だ。

だから同じ曲が全く別の相貌を表し、異なった感動を呼び起こす。

2020年1月17日放映の TV 番組(「Mステ」)で展開された「Teenager Forever」のライブ演奏がよい例だろう。

この曲は録音では生ドラムやアコースティックギター(アコギ)が活躍するが、ライブでは常田大希のアコギがエレキギターに替わり、井口理が独特のためを作りながら情感をクレッシェンドさせる演出が見られた。

勢喜遊のロックフィーリング全開のドラミング、新井和輝の強烈にうねるベースライン、常田大希の歪みの強度を増したギターソロは、絶妙のカメラワークと相まって、ライブならではの効果を生んでいた。

井口理は、便所サンダルが脱げてしまうほど、完全に振り切ったパフォーマンスで暴れ回ったが、歌唱のほうは決して乱れず、音程も確かだった。

King Gnu のライブではアコースティックコーナーがあり、力強いサウンドから一転、たおやかで親密な雰囲気の中、洗練されたソロとインタープレイが展開され、このバンドのもうひとつの魅力が引き出される。

とりわけ、「It’s a small world」のアコースティック・バージョンは、この上なく美しい。

CEREMONY (初回生産限定盤) (Blu-ray Disc付)
特典Blu-rayには2019年4月に行われた東京・新木場STUDIO COAST公演のライブ映像全20曲を収録

一定の型やスタイルに収れんされず、自由にクリエイティブにプレイする。

そんな真のアーティスト性を有したこのバンドは、自由だから、ライブだから、少々音が雑になってもいい、などという甘い考えとはまったく無縁だ。

ライブ演奏では、直後に必ずメンバー同士で演奏の出来を細かくレビューしチェックし合う。

バンドの屋台骨のリズムラインを支える新井や勢喜は、アドリブ一発勝負で音をフィニッシュさせるジャズやブラックミュージックのセッションシーンでならしてきた。

King Gnu としてメジャーになった今でも、彼らが自らの原点となったライブハウスへの出演を継続していることは、2020年2月23日に放映された「情熱大陸」でも明らかだ。

彼らは師匠宅に泊まり込みで弟子入りするほど、一途に技術を追求する職人気質のストイシズムを持っている。

門下に弟子入りし、練習漬けの日々を送った点では、東京藝大出身の常田や井口と重なる部分がある。

King Gnu が薄っぺらい音を奏でるバンドとは比較にならないレベルのスペックを備えているゆえんがここにある。

理由3【ボーカル力】
ファルセット&ユニゾン

井口は東京藝大声楽科のテノール専攻卒で、クラシック唱法のトレーニングを積んだ基礎がある。

声量と声質もさることながら、音程の正確さでは J-POP の歌手の中では抜きに出ている。

かなり高いピッチの音も絶対に外さない。

ファルセットの使い手としては随一の井口が、その真価を発揮した一例が、「Hitman」のライブ・バージョン。

後半の超高音域でのスキャットはまさに圧巻だ。

CEREMONY (初回生産限定盤) (Blu-ray Disc付)
特典Blu-rayには2019年4月に行われた東京・新木場STUDIO COAST公演のライブ映像全20曲を収録

音楽を読み取る能力も高く、常田が作る複雑な構造の楽曲を即座に吸収し、モチーフの機微をわきまえ、隅々の音符まで、ゆるがせにせずに歌うことができる。

バラードやアコースティックはもちろん、疾駆するロックチューンも、ストップ&ゴーのファンクナンバーも、井口が歌えば美しく洗練された響きとなる。

たとえグランジにシャウトしても、それはあくまでも「音楽的に」汚れた効果を表現するスキルのひとつだ。

井口と常田のユニゾンでは、ダミ声系のダークな味のある常田の声と対置され、メロウなサウンドはひときわ甘美になり、クリスピーなファンキーナンバーはその高揚感を増す。

相反する2つの声のキャラクターの対置。

ここにも強烈な印象を与える仕掛けがある。

理由4【戦略性】
これ以上を出せる「余裕感」

作曲も演奏もきわめて強度は高いが、J-POP の標準を考慮し、一方の極を追求しすぎない。

万人受けするメロディーと精巧で重層的なサウンド構造、ウェルメイドな録音と炸裂するライブプレイ、ミューズの高音と堕天使のダミ声。

相反するものを対置して提示し、今までにないインパクトを与える。

そして、これ以上にハイレベルな曲は作れるし、実際に常田は別のプロジェクト(“millennium parade”)で、その実践を重ねている。

新井が、紅白歌合戦に出場した後、年が明けて最初の演奏の場として選んだのは、彼の音楽の原点とも言えるジャズバンドのギグ。そこでウッドベースを弾いた。

メンバーそれぞれが有する、アーティストとしての高度なテクニックと音楽性、キャパシティの大きさ。

そこから必然的に生じる「余裕感」。

それが King Gnu というバンドのブランド力を際立たせる。

King Gnu × millennium parade
見すえるのは世界進出

2020年1月27日、常田大希率いる millennium parade (ミレニアム・パレード)が、2020年4月から NETFLIX が全世界独占配信する「攻殻機動隊」シリーズ最新作 『攻殻機動隊SAC_2045』のオープニング・テーマ曲を担当することが発表された。

常田は、millennium parade が創造しようとする世界観は攻殻機動隊から多大な影響を受けたと語り、このコラボレーションへの強い意欲を示した。

オープニング・テーマ曲の「Fly with me」は2020年4月22日に配信がスタートし、millennium parade 初のCDシングルとして5月13日にリリースされた。

4月29日公開 millennium parade ”Fly with me” MUSIC VIDEO
millennium parade – Fly with me

5月15日公開 millennium parade ”Fly with me” LIVE
millennium parade – Fly with me (Live At STUDIO COAST 2019)

また常田は、ファッションブランド「N.HOOLYWOOD」のニューヨーク・コレクションの音楽を担当し、2020年2月4日にアメリカ・ニューヨークの Masonic Hall NYC で行われたショーで自身の制作した音源に合わせてチェロの生演奏を披露した。

楽曲は、ニューヨーク出身の現代作曲家スティーヴ・ライヒへのオマージュとも言えるミニマルな音型の反復から、次第に熱量と緊張を増幅させた響きが劇的に展開し、「フォーマルの再構築」を謳うコレクションのテーマを見事に表現した。

”N.HOOLYWOOD COMPILE FALL2020 COLLECTION”

終演後に常田は、今回のニューヨークでのパフォーマンスを、今後、音楽家として様々なジャンルの作品を世界に向けて発信していく足がかりにしたいと語った。

当日演奏されたこの楽曲「N.HOOLYWOOD COMPILE IN NEWYORK COLLECTION」は、2020年4月3日に配信がスタートし、7月15日に完全生産限定アナログ盤がリリースされる。

いくつかのインタビューで常田は、自らが刺激や影響を受けた様々なジャンルのアーティストの名前を挙げている。

ファッションデザイナーの山本耀司、川久保玲、映画監督のスタンリー・キューブリック…

そして、こと音楽に関しては、彼の視線の先にある最も重要な存在は、おそらく坂本龍一だろう。

坂本は東京藝大作曲科卒。大衆に背を向け純粋芸術に閉じた現代音楽の領域から脱して、YMO を結成し、そのワールドツアーを成功させ、テクノポップという新たなジャンルを開拓した。また劇伴音楽の分野でも世界のトップクラスに登りつめた。

King Gnu のボップネスはどのようにして海外に訴求しうるのか。

3D 映像と音楽とのコラボレーションによって新次元のライブ体験を提示する millennium parade による世界進出は果たされるのか。

King Gnu がたった1年で国内最強バンドとなった今、それらもまた、従来ないスピードで実現への歩みを進めていくに違いない。

by: 三木拓(音楽ライター)

【全曲レビュー】
アルバム『CEREMONY』

01. 開会式

インストゥルメンタル
人々のざわめき、管弦楽の不穏な響きから、交響的で勇壮なファンファーレが開会を告げる。

02. どろん

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」主題歌
歯切れ良いボーカルユニゾン、ハードロックスタイルのドラムとベースにホーンセクションが共鳴する。ベースが低弦ソロに入った瞬間にグランジ感が一気に増し、犬の鳴き声(?)まで聞こえる。混沌からカタルシスへ。

03. Teenager Forever

ソニー「ノイキャンイヤホン」TVCM ソング
ラウドロック的アプローチだが、コントロールされたボーカルのシャウト、絶妙なアコースティックギター、サビ部分のベースの凄まじいうねり感など、 King Gnu の演奏力の高さを思い知らされる。
1/17 の TV番組(Mステ)では完全に振り切った怒涛のライブパフォーマンスを披露し、スタジオと視聴者の度肝を抜いた。

04. ユーモア

「ロマンシング サガ」完全新作、『ロマンシング サガ リ・ユニバース』 1周年記念 TVCMソング
ミニマルな打ち込みビートに乗ってグルーヴする、キャッチーなブラックミュージック系のメロウナンバー。クラップ、コーラス、マリンバ、アコースティックギターなどが彩りを添え、洗練されたアレンジに心がほどけていく。

05. 白日

日本テレビ系土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」主題歌
言わずと知れた傑作中の傑作。国民的大ヒットとなった極上のファンキーバラード。アルバムの中の1曲として聴くと、楽曲・ボーカル・演奏・アレンジなどあらゆる面で、その素晴らしさを再認識できる。

06. 幕間

インストゥルメンタル
ジャズのビッグバンドの響き。ミュートホーンのわななきに、人々の歓声が入り交じりつつ、第2幕へ。

07. 飛行艇

ANA 国内版「ひとには翼がある」篇 TVCMソング
4つ打ちビートの地鳴りでスタジアムを揺るがす、大合唱必至の扇動的ロックチューン。ラグビーW杯のスタジアムでかかると観客の受けがよくウエーブが起こった。メジャーリーガー前田健太投手が登場曲に採用、スピードスケートの小平奈緒選手もお気に入りと、アスリートのモチベーションも高める曲。

08. 小さな惑星

Honda VEZEL「PLAY VEZEL 昼夜」篇 TVCMソング
ドライブする軽快なメロディーラインだが、そこは King Gnu、決してひと筋縄ではいかない。シンコペーティッドな刻み、歪んだベース音、グランジ感満載のドラム。ギターソロも予期せぬ方向へと跳梁する。スタイルや枠組みに片時も収まらない「上質な奔放さ」こそが King Gnu の真骨頂だ。

09. Overflow

家入レオさんへの提供曲をセルフカバー
バウンスフィーリングにあふれるファンキーチューン。腰の据わったベースラインのリフレイン、カッティングギターも加わった切れ味の良いビートに、ソウルフルなボーカルが心地よくはねる。ブレイクからサビへのキャッチーさが秀逸だ。

10. 傘

ブルボン「アルフォート」TVCMソング
エクスペリメンタルで不思議な味わいを持つ曲。歌謡性をはらんだメロディーがリリカルに流れる一方で、特異な転調が繰り返される。心情のメタモルフォーゼ(変容)を鮮やかに浮き彫りにする曲。

11. 壇上

このアルバムで唯一の非タイアップのボーカル曲。アルバムの締めくくりとして最後に作られた。
常田が「現在の思いをすべて詰め込んだ」と語るバラード。自らボーカルソロを務め、ピアノとチェロも弾いた。ここでも絶妙にしつらえた転調がアンビバレントで複雑な心境を際立たせる。

12. 閉会式

インストゥルメンタル
常田が東京藝大時代の18、19歳の頃にプレイしたチェロ独奏をフィーチャー。内省的な終幕は次なるステージへの静かな闘志の表明とも読める。

全曲をダイジェスト試聴
King Gnu 3rd ALBUM 「 CEREMONY 」Teaser Movie


CEREMONY (初回生産限定盤) (Blu-ray Disc付)


Sympa(通常盤)

下記で King Gnu についての最新記事(2020/4/18付)を公開中

【King Gnu 常田大希】芸大・チェロ・Nコン・マリンバ 異才に注ぐ音楽の水脈

 悲観的な人は風に文句を言い、楽観的な人は風向きが変わるのを待つが、現実的な人は帆の向きを風に合わせる。
(The pessimist complains about the wind; the optimist expects it to change; the realist adjusts the sails)

ウィリアム・アーサー・ウォード(効く言葉 List

Return Top