Violinear

▶新潮社の大反響ノンフィクション小説、待望のコミック化!! 
▶藝大生を妻に持つ主人公が。彼女の突拍子もない行動を目にするうち、藝大生に興味を抱き、潜入取材をする事に。
▶そこで目にした驚きの実態とは……!? 謎に満ちた“芸術界の東大”のカオスな日常を描く、抱腹絶倒の探検記。

[まとめ買い] 最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常

King Gnu(キングヌー)は J-POP 最強バンド その4つの理由

King Gnu(キングヌー)は J-POP 最強バンド その4つの理由

King Gnu(キングヌー)が、まだあまり売れていなかった頃、常田大希はこう言った。

「今一番売れている音楽が、最も良い音楽だなんて思わないでほしい」

最高のクォリティの音楽を、日本で一番売れる音楽にしたい。

そんな野望は、メジャーデビューからわずか1年で実現した。

2019年の年末に NHK 紅白歌合戦に出場、年明けの1月15日にリリースしたサードアルバム『CEREMONY』は、発売1週間でいきなり25万枚を売り上げ、Billboard 週間アルバムチャートで首位に躍り出た。

また、メガヒットチューン「白日」は、「オリコン週間ストリーミングランキング」の週間再生数(533.5万回)で歴代1位を記録。

革新的でありながら、多くの人々を魅了し、楽曲・ボーカル・演奏・アレンジ、あらゆる面において、他を凌駕する驚くべきレベルにあるバンドと言っても過言ではない。

J-POP シーンにおいて、最強のバンドと呼ぶにふさわしい King Gnu の稀有のスペックと戦略を明らかにする。

※この記事は敬称を省略します。

【サウンド力】キャッチーで、凝った音作り

日本では、曲作りにおいて本格的な洋楽系のアプローチをとると、サビや歌謡性に慣れたリスナーの耳には少々縁遠いサウンドになりがちだ。

そこで、親しみやすいメロディを縦横に駆使しつつ、インストバンド級の強力なリズムラインで下支えして、グルーヴ感を引き立たせる。

マンネリズムを排した多彩な展開に、特異な転調とリズムパターンを加え、精巧なアレンジを施す。

キャッチーで聴きやすいが、鳴っている音は凝りに凝っていて、とてもマニアック。

この矛盾の対置、違和感の表出こそ、 King Gnu の真骨頂と言える。

バンドとしての技術があり、生音は十分にクォリティが高い。

しかし録音では、エレクトロサウンドを大胆に取り入れ、トラックを重ね、精緻に作り込む。

アンサンブルを重視し、ソロパートの主張は抑え気味。が、ここぞというポイントでは一点豪華のソロがフィーチャーされる。

そしてミキシングが立体的な響きを絶妙に演出する。

同じ曲をイヤフォンで聴くと、その醍醐味がわかる。

「これ、イヤフォンで聴くと、凄い!」とリスナーは新鮮な驚きを覚える。

メガヒットチューン『白日』の3つの主要なメロディ(通称Aメロ・Bメロ・Cメロ)は、すべてがサビと言えるほどの強度とこだわりで作られている。

既存の J-POP 音楽では考えられないアプローチだ。

女声とまがう高音域のボーカルが紡ぐバラードだが、一方でベースとドラムがファンキーなリズムを刻む。

どちらも技巧的に群を抜くレベルだが、主張しすぎず、共存し、対比され、提示される。

ボーカルが心地よいメロディーラインを動いていくだけの音楽ではない。

徹底的に尖ったセッション系の技巧バリバリの音楽でもない。

両方をほどよく対置する。

録音ではその絶妙のバランス感覚が光っている。

【演奏力】炸裂するロウ感

精緻に作り込まれた録音から一転して、ライブではアレンジを変え、バンドとしての強圧的なロウ(生)の音で攻め立てる。

スキルフルな奏者たちによる自在のプレイが前面に押し出される。

言わば、録音とライブの対置だ。

だから同じ曲が全く別の相貌を表し、異なった感動を呼び起こす。

2020年1月17日放映の TV 番組(「Mステ」)で展開された「Teenager Forever」のライブ演奏がよい例だろう。

この曲は録音では生ドラムやアコースティックギター(アコギ)が活躍するが、ライブでは常田大希のアコギがエレキギターに替わり、井口理が独特のためを作りながら情感をクレッシェンドさせる演出が見られた。

勢喜遊のロックフィーリング全開のドラミング、新井和輝のベースラインの強烈なうねりは、絶妙のカメラワークと相まって、ライブならではの効果を生んでいた。

井口は、便所サンダルが脱げてしまうほど、完全に振り切ったパフォーマンスで暴れ回ったが、歌唱のほうは決して乱れず、音程も確かだった。

一定の型やスタイルに収れんされず、自由にクリエイティブにプレイする。

そんな真のアーティスト性を有したこのバンドは、自由だから、ライヴだから、少々雑になってもいい、などという甘えとはまったく無縁だ。

新井や勢喜はジャズやブラックミュージックのセッションシーンでならした。

師匠宅に泊まり込みで弟子入りするほど、一途に技術を追求する職人気質のストイシズムを持っている。

門下に弟子入りし、練習漬けの日々を送った点では、東京藝大出身の常田や井口と重なる部分がある。

King Gnu が薄っぺらい音を奏でるバンドとは比較にならないレベルのスペックを備えているゆえんがここにある。

【ボーカル力】ファルセット&ユニゾン 清濁の対置

井口は東京藝大声楽科のテノール専攻卒で、クラシック唱法のトレーニングを積んだ基礎がある。

声量と声質もさることながら、音程の正確さでは J-POP の歌手の中では抜きに出ている。

かなり高いピッチの音も絶対に外さない。ファルセットの使い手としては随一だろう。

音楽を読み取る能力も高く、常田が作る複雑な構造の楽曲を即座に吸収し、モチーフの機微をわきまえ、音符の隅々まで、ゆるがせにせずに歌うことができる。

バラードやアコースティックはもちろん、疾駆するロックチューンも、ストップ&ゴーのファンクナンバーも、井口が歌えば美しく洗練された響きとなる。

たとえグランジにシャウトしても、それはあくまでも「音楽的に」汚れた効果を表現するスキルのひとつだ。

井口と常田のユニゾンでは、ダミ声系のダークな味のある常田の声と対置され、メロウなサウンドはひときわ甘美になり、クリスピーなファンキーナンバーはその高揚感を増す。

相反する2つの声のキャラクターの対置。

ここにも強烈な印象を与える仕掛けがある。

【戦略性】これ以上のものを出せる「余裕感」

作曲も演奏もきわめて強度は高いが、J-POP の標準を考慮し、一方の極を追求しすぎない。

万人受けするメロディーと緻密に構築されたサウンド構造、ウェルメイドな録音と炸裂するライブプレイ、ミューズの高音と堕天使のダミ声。

相反するものを対置して提示し、今までにないインパクトを与える。

そして、これ以上にハイレベルな曲は作れるし、実際に常田は別のプロジェクト(「millennium parade」)で、その実践を重ねている。

新井が、紅白歌合戦に出場した後、年が明けて最初の演奏の場として選んだのはジャズバンドのセッション。そこでウッドベースを弾いた。

アーティストとしてのキャパシティの大きさと、そこから生じる余裕感。

それが King Gnu というバンドのブランド力を際立たせる。

そしてたぶん、常田大希の視線の先にあるのは、坂本龍一だろう。

坂本は東京藝大作曲科卒だが、大衆に背を向け純粋芸術を極める現代音楽の領域から脱して、YMO のワールドツアーを成功させ、テクノポップという新たなジャンルを開拓した。また劇伴音楽の分野でも世界のトップクラスに登りつめた。

King Gnu のボップネスはどのようにして海外に訴求しうるのか。

3D 映像と音楽とのコラボレーションによって新次元のライブ体験を提示する「millennium parade」による世界進出は果たされるのか。

King Gnu がたった1年で国内最強バンドとなった今、それらもまた、従来ないスピードで実現に向かっていくに違いない。

by: 三木拓(音楽ライター)

発売1週間で25万枚 Billboard 週間アルバムチャート首位獲得

革新的でありながらポップでキャッチー
クラシック、ジャズ、R&B、ヒップホップ、ハードロック、ラウドロック あらゆるジャンルをのみ込む J-POP 史上の金字塔
最強のメロディ・リズム・サビ
極上のボーカル・演奏・アレンジ

【Amazon.co.jp限定】CEREMONY (初回生産限定盤) (Blu-ray Disc付) (デカジャケット付)

全曲ダイジェスト試聴
King Gnu 3rd ALBUM 「 CEREMONY 」Teaser Movie

下記の記事で全曲レビュー公開中

【King Gnu 常田大希】芸大・チェロ・Nコン・マリンバ 異才に注ぐ音楽の水脈

 ヴュータンは壮大なスタイルで書きました。その音楽はどこをとっても豊かでよく響くものです。自分のヴァイオリンをよく鳴らそうと思うなら必ずヴュータンを弾いてほしいですね。

ウジェーヌ・イザイ(List

Return Top