Violinear

昭和の初めに早期英才教育を行った「藝大附属音楽教室」

昭和の初めに早期英才教育を行った「藝大附属音楽教室」

東京音楽学校内に開設された「上野児童音楽学園」

ヴァイオリン教育の世界では、「スズキ・メソード」と並んで私立の音大附属の音楽教室の影響力は相当に大きい。中でも桐朋学園大音楽学部附属の音楽教室(「子供のための音楽教室」)はヴァイオリンのみならず、ピアノでもエリートを多数輩出している。

桐朋音教のスタートは1948年(昭和23年)であったが、それを遡る15年前の1933年(昭和8年)、現在の東京藝大の前身である東京音楽学校内に、当時の尋常小学校の生徒に特別な音楽の英才教育を行う目的で、「上野児童音楽学園」が設立されたことはあまり知られていない。

設立当初は10歳前後の生徒を教える尋常科のみであったが、1936年(昭和11年)には高等科が設立された。戦前の官立学校に早期英才教育のコースが附設されていたのは異例とも思えるが、この「上野児童音楽学園」の発表会などの演奏曲目などを見ると、戦後から活発化したヴァイオリンの早期教育の源流はすでに戦前にあったということが理解できる。

毎日学校の授業の後に、上野へ休まず通った

1936年(昭和11年)3月18日に行われた「上野児童音楽学園」の第1回卒業式。つい3週間前、「二・二六事件」で凍りついた東京には束の間の春が訪れようとしていた。

ヴァイオリン科15名、女子ピアノ科59名、男子合唱科14名の生徒が栄えある第1期卒業生となった。

ピアノ科では、卒業生の尋常小学校5年生(12歳)がベートーヴェンのピアノ・ソナタ第15番「田園」を、また同じく5年生がヨーゼフ・ラインベルガーのバラードを演奏した。

卒業式の模様を伝えた翌日付け「東京日日新聞」は、その日演奏を披露したヴァイオリン科の卒業生の女の子を次のように紹介している。

彼女は横浜鶴見区の小学6年生。

「毎日学校の授業をすませた後、上野の同校へ休まず通ってその熱心さに先生を驚かし、至難とされたヴィヴァルディの競奏曲を見事弾きこなした。」

卒業演奏会の演目にアッコーライ、ダンクラ、ヴィオッティ

「上野児童音楽学園」の卒業式や発表会のプログラムを辿ると、現在のヴァイオリン教育でも採り上げられる曲が多く登場する。

先の卒業式で弾かれたヴィヴァルディの協奏曲イ短調の他、バッハのブーレ、アッコーライの協奏曲、ダンクラのエア・バリエ、ヴィオッテイの協奏曲第23番、バッハの協奏曲第1番・・・。

戦前の早期英才教育には、諏訪根自子(すわ・ねじこ)・巖本真理らを生んだ小野アンナ門下、江藤俊哉や豊田耕児らを生んだ鈴木鎮一門下などの系譜が存在していた。さらに鷲見三郎は戦前から自由学園でヴァイオリンの指導を行っていた。(戦後、この自由学園から小野アンナ門下となった俊英の一人に前橋汀子がいる。)

当時東京音楽学校もこのような早期英才教育の必要性を重視し、音楽学校の教授陣が才能のある児童を直接指導する実践の場を設けたのである。

戦争の時代へ ついえた早期英才教育の実践

しかしながらこの試みは、わずか10年ほどでついえてしまう。

暗雲垂れこめる戦争の時代が、早期教育の貴重な実践を否応なく台無しにしていったのだ。

1943年(昭和18年)10月9日に日本青年会館で行われた「小野アンナ先生在日25周年記念提琴演奏会」のチラシには、「当日防空警報発令の場合は中止」という添え書きがあったという。

同年10月30日「上野児童音楽学園」も第10回の発表会を行ったのを最後に、事実上の解散を迫られることになった。

翼賛体制下の音楽文化の統制機関であった「日本音楽文化協会」がこの年秋、演奏会を許可制とし、戦意昂揚目的以外の演奏会をすべて禁止することにしたのだ。

こうして1943年(昭和18年)秋以降、ヴァイオリンやピアノなどの門下生おさらい会は演奏会場からすべて姿を消すことになった。

現代によみがえった上野児童音楽学園

東京藝大音楽学部は、2014年から全国各地で小・中学生向けの公開レッスンを行う「早期教育プロジェクト」をスタートさせ、その発展形として2017年には藝大キャンパス内に中学生対象の「東京藝大ジュニア・アカデミー」を開設した。

昭和初期の「上野児童音楽学園」での実践を引き継ぎ、現在の知見でそれをさらに前に進めるべく、大学教授陣による月2回の実技レッスンとソルフェージュの授業、さらには海外から招聘した講師陣のレッスンや室内楽も組み込んだ多彩な教育プログラムを展開している。

「東京藝大ジュニア・アカデミー」

photo credit: Yoshikazu TAKADA via photopin cc

 ヴュータンは壮大なスタイルで書きました。その音楽はどこをとっても豊かでよく響くものです。自分のヴァイオリンをよく鳴らそうと思うなら必ずヴュータンを弾いてほしいですね。

ウジェーヌ・イザイ(List

Return Top