第11回日本学校合奏コンクールのソロ部門中学校の部は、相馬美和(ヴァイオリン)が文部科学大臣賞を受賞して優勝

文部科学省などが後援する、第11回日本学校合奏コンクール(同委員会主催)ソロ&アンサンブルコンテストの全国大会が11月19日、千葉県文化会館大ホールで行われ、審査の結果、ソロ部門中学校の部では、相馬が最高位の文部科学大臣賞を受賞して優勝を果たした。

審査結果は次の通り。

【金賞・文部科学大臣賞】
相馬美和(ヴァイオリン)
【金賞・千葉市教育長賞】
森    水優(フルート)
【金賞・会長賞】
山本照菜(フルート)
【金    賞】
西前詩音(マリンバ)
笹山千尋(ヴァイオリン)
飯銅    麗(ヴィオラ)
藤田彩乃(同)
【銀    賞】
山﨑まつり(フルート)
壁 知綾子(同)
品川琴乃(オーボエ)
濱田捺々(ファゴット)
掃部ゆい(トランペット)
山本健人(テューバ)
北山海來(ヴァイオリン)
三輪友里花(同)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次