Violinear

3密を避ける コロナの時代の「新しいコンサート様式」

3密を避ける コロナの時代の「新しいコンサート様式」

やがて新型コロナウイルスが収束して、日常生活が戻り、経済活動が再開される日が来るだろう。

しかし、「3密」のリスクがあるコンサートの再開は、そこからさらに時間を要するかもしれない。

それでも、聴衆が整然と席に座り、静かに音楽に耳を傾けるクラシックのコンサートは、ロックやポップスのコンサートやライヴに比べれば、リスクをある程度抑え込むことが可能だろう。

もちろん公演の規模や編成による違いはある。

大編成のフルオーケストラの公演とヴァイオリンの無伴奏ソロのリサイタルとでは、リスクの度合いはかなり異なる。

第2波、第3波の感染拡大が警戒される中、コンサートも段階を追って本格再開への道を歩むことになるだろう。

コロナの時代の「新しいコンサート様式」について思いを馳せてみた。

舞台も客席もプログラムも日程も「密」を避ける

ステージ上の演奏者は最小限の人数で、複数の場合は必ず2メートルの間隔をあける。

まずはピアノや弦楽器のソロから。

その後、デュオ、アンサンブルの小編成へと移行し、管楽器と声楽も加わる。

ソーシャルディスタンスのルールがあると、ステージに上がる演奏者の数は限られる。

フルオーケストラの編成は、ルールを守る必要がなくなってからとなる。

客席も間隔を空けるので、ホールのキャパシティは半分以下になる。

聴衆は必ずマスクを着用し、曲間や楽章間の咳払いは控える。

拍手だけで、ブラボーのかけ声はなし。公演中はホワイエでのお喋りも禁物だ。

音響効果の問題よりも、換気の徹底が優先されるので、ホールのあらゆる扉や窓の開放を検討する。

従来型の休憩を挟んだ前後半のプログラムは時期尚早。まずは1回の公演は休憩なしの1時間以内にとどめる。

長い楽曲は当面、演奏できない。マーラーの交響曲をフルオーケストラで聴ける日はかなり先となる。

公演は単発が基本だが、どうしても複数公演となる場合は、演奏者やスタッフの感染発生のリスクに備えるため、少なくとも2週間は間隔をあける。

本来の形にはほど遠い。

不完全で、制約ばかりで、息がつまる。

しかし、どのような形であろうとも、無観客のライブ配信では得られなかった、心が震える感動がそこにはある。

演奏家と同じ時間、同じ場所に身を置き、生の音を直接耳にするという、あのかけがえのないコンサート体験。

それを今、私たちは心の底から欲している。

どんな音楽でも泣く自信がある

新型コロナウイルスが音楽や演劇など、芸術・文化へ与える深刻な影響について問われた作家・平野啓一郎氏は、「芸術・文化が社会に不可欠だと骨身に染みている」とし、次のように語った。

「僕は、コロナ明けに行く生のコンサートは、どんな音楽でも泣く自信があります。1曲目から最後まで泣き続けているかもしれない。演奏家も泣いていると思う。いま想像しただけで涙ぐんでしまう。」

「作家・平野啓一郎が見通す「新型コロナの2020年代」――「自分さえよければ」という生き方では社会が壊れる」(ヤフーニュース)

まさに、私たちは生のコンサートに「渇している」。

あの日の彼のように。

長い間耳にしなかったヴァイオリンの本当の音色に打ち震え、涙を流した、小林秀雄のように。

【メニューイン初来日】 悪魔のトリルに震え涙した日

 悲観的な人は風に文句を言い、楽観的な人は風向きが変わるのを待つが、現実的な人は帆の向きを風に合わせる。
(The pessimist complains about the wind; the optimist expects it to change; the realist adjusts the sails)

ウィリアム・アーサー・ウォード(効く言葉 List

Return Top