Violinear

Violinear (ヴァイオリニア)とは

Violinear-logo_new_
Violin(ヴァイオリン)に ear(耳)をつけて、Violinear(ヴァイオリニア)。

ヴァイオリンを学ぶ方々の新しい「耳」となって、様々な情報の中から重要なものを聴き分け、タイムリーに提供できるメディアでありたい。

サイト名はそんな思いをこめて名づけました。

Violinear は、ヴァイオリン学習に役立つ情報、ためになる知識、興味や関心を引く話題をコラム形式で配信するサイトです。

読者は主に幼少期からヴァイオリンを始めた学習者の方々とそのご父兄を想定していますが、堅苦しく狭くなりがちな専門サイトの域に留まることなく、コミカルな記事や創作も盛り込み、また海外のカレントなヴァイオリン事情の紹介も広く行っていきます。

レイトスターターの方々、ヴァイオリン及びクラシック音楽愛好家の方々にも楽しんでいただけるサイトをめざしています。

ヴァイオリンという楽器にまつわるイメージは実に多彩です。

  • 音を出し、音を創る、そのスキルが奥義をきわめる「深遠で」「難しい」イメージ
  • 数百年前に作られた木製の胴体から、えも言われぬ美しい音を発する「エコロジカルで」「神秘的な」イメージ
  • 工芸品としての骨董価値があり、オークションでは高値で取り引きされる「アンティークで」「バブリーな」イメージ
  • 習得が知能に良い影響を与えると考えられ、ピアノと共に知識人の嗜みにもなってきた「リベラルアーティスティックな」イメージ・・・

様々な魅力を放つ「ヴァイオリン」という稀有のアイテムによって、Violinear は広大な教養の世界を切り取っていきます。

運営者:Vioron

お問い合わせは こちら からお願い申し上げます。

 悲観的な人は風に文句を言い、楽観的な人は風向きが変わるのを待つが、現実的な人は帆の向きを風に合わせる。
(The pessimist complains about the wind; the optimist expects it to change; the realist adjusts the sails)

ウィリアム・アーサー・ウォード(効く言葉 List

Return Top