Violinear

【藝高入試2020】 ヴァイオリン専攻 第1回合格者発表

151_640px-Kuroda_memorial_hall01s3200

19名が第2回へ

1月20日17時20分、「東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校」(藝高)入試のヴァイオリン専攻第1回目の実技試験の結果が藝高公式サイトに発表され、受験者31名のうち19名(61%)が合格、第2回試験に進んだ。

昨年は24名中16名(67%)、一昨年は25名中18名(72%)が第2回試験に進んだ。(昨年のヴァイオリン専攻の最終合格者数は9名)

ヴァイオリン専攻の第2回試験は1月22日(水)に実施される。

指定された集合時間に集まった受験生が点呼を受け、伴奏を務める試験係員(藝大弦楽科伴奏助手の先生)とリハーサルの後、試験教室へ向かう。

第2回の課題曲は、メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 第1楽章。

また、ヴァイオリン以外の弦楽器専攻の受験者数が以下のように判明した。

ハープ2名(昨年2名)、ヴィオラ3名(6名)、チェロ9名(5名)、コントラバス1名(2名)

これにより、今年度の各専攻の合計受験者数は93名となり、昨年(115名)よりも、22名減少した。

ここ7年の受験者数推移は以下の通り。※カッコ内は最終合格者数

【全専攻計】
2020年: 93名
2019年:115名(42名)
2018年: 97名(40名)
2017年:109名(43名)
2016年:119名(41名)
2015年:112名(41名)
2014年:109名(43名)

【ヴァイオリン】
2020年:31名
2019年:24名( 9名)
2018年:25名(13名)
2017年:27名(11名)
2016年:37名(13名)
2015年:29名(12名)
2014年:27名(12名)

【ピアノ】
2020年:32名
2019年:41名(12名)
2018年:44名(14名)
2017年:41名(12名)
2016年:48名(12名)
2015年:47名(12名)
2014年:41名(12名)

【その他弦楽器】
2020年:15名
2019年:15名(9名)
2018年: 4名(3名)
2017年: 8名(4名)
2016年: 8名(7名)
2015年:10名(7名)
2014年:14名(7名)

【管打楽器】
2020年:10名
2019年:21名(5名)
2018年:17名(7名)
2017年:23名(8名)
2016年:18名(3名)
2015年:17名(5名)
2014年:18名(6名)

【作曲】
2020年: 0名
2019年: 4名(2名)
2018年: 2名(0名)
2017年: 3名(1名)
2016年: 2名(0名)
2015年: 2名(1名)
2014年: 2名(0名)

【邦楽】
2020年: 5名
2019年:10名(5名)
2018年: 5名(3名)
2017年: 7名(7名)
2016年: 6名(6名)
2015年: 7名(4名)
2014年: 7名(6名)

令和2年度「ヴァイオリン専攻 第1回合格者発表」(2020/1/20)(藝高公式サイト)

【現高2生】2021藝高入試に向けて 早めの傾向把握のために

2019年度東京藝大附属高入試の楽典・国語・英語の解答例・解説を掲載
解説は東京藝大作曲科・楽理科卒を中心とする精鋭執筆陣による

音楽大学・入試問題集 2020 国公立大・私大・短大・高校・中学・大学院

入試関連書籍


新訂 独習聴音問題集(上) CD-ROM付


旋律聴音548問 (初歩から受験まで段階的に使える聴音問題集)


音大受験生のための パーフェクト楽典 ハンドブック <ドリル・解答付> 楽典自習書の決定版!


高校・大学受験のための 視唱課題集 (ソルフェージュ教育ライブラリー)

【関連記事 藝高入試】

【藝高入試2019】 最終合格者42名、競争率2.74倍

【芸高】 平成27年度 東京藝大附属高入試を振り返る

【芸高】 平成26年度 東京藝大附属高入試を振り返る

photo by 663highland

 才能は内なる可能性を表す「風」。創造性のスキルはその「風」を受けて、芸術という船を進める「帆」。「帆」がなければ、才能という「風」は吹き去っていくだけで、どこにも連れて行ってはくれない。

ジェラルド・クリックスタイン(List

Return Top