Violinear

【藝大入試2020】 音楽学部 器楽科 100名が最終合格

geidai_school_gate

【最終競争率】 ヴァイオリン2.55倍、ピアノ4.65倍、トランペット16.50倍、打楽器10.00倍

3月12日14:00、令和2(2020)年度東京藝術大学音楽学部入試の最終合格者が発表された。

音楽学部全体では、志願者922名のうち、236名が最終合格 、競争率(志願者数÷最終合格者数)は3.91倍だった。(昨年は志願874名、最終合格239名、競争率3.66倍)

器楽科は、志願者454名のうち、100名が最終合格、競争率は4.54倍。(昨年は志願423名、最終合格99名、競争率4.27倍)

器楽科ヴァイオリン専攻の最終合格者は20名、競争率は2.55倍だった。(昨年は最終合格22名、競争率2.23倍)

ピアノの最終合格者は26名(昨年26名)、ヴィオラ2名(5名)、チェロ4名(3名)、コントラバス5名(5名)、ハープ2名(1名)。

弦楽器全体では昨年より3名減の33名だった。

管打楽器は全体で昨年と同じく34名。

楽器別ではトランペットが16.50倍、打楽器が10.00倍と競争率が特に高かった。

今年度の入試は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、3月5日と7日に行われる予定だった音楽に関する基礎能力検査(聴音書き取り・楽典・新曲視唱・リズム課題)と副科ピアノなどの試験が中止された。

東京藝大が一部入学試験を中止

【器楽科】志願者数・合格者数・倍率
専攻 志願 1次 2次 最終 倍率
ピアノ 121 60 33 26 4.65
オルガン 6 6 4 3 2.00
ヴァイオリン 51 30 23 20 2.55
ヴィオラ 3 2 2 2 1.50
チェロ 10 7 5 4 2.50
コントラバス 9 7 5 5 1.80
ハープ 4 4 3 2 2.00
フルート 34 14 10 7 4.86
オーボエ 19 6 4 3 6.33
クラリネット 26 12 5 4 6.50
ファゴット 15 10 5 3 5.00
サクソフォーン 34 12 6 4 8.50
トランペット 33 5 3 2 16.50
ホルン 21 8 5 4 5.25
テナートロンボーン 12 2 2 2 6.00
バストロンボーン 2 1 0 0
ユーフォニアム 8 2 1 1 8.00
チューバ 8 4 1 1 8.00
打楽器 30 10 4 3 10.00
チェンバロ 3 1 1 3.00
リコーダー 3 2 2 1.50
バロック・ヴァイオリン 2 1 1 2.00
454 206 121 100 4.54
【作曲科・声楽科・指揮科・邦楽科・楽理科・音楽環境創造科】志願者数・合格者数・倍率
専攻 志願 1次 2次 3次 最終 倍率
作曲 53 41 30 23 15 3.53
声楽 210 131 80 54 3.89
指揮 6 2 2 2 3.00
邦楽 41 33 26 21 1.95
楽理 56 30 24 2.33
音環 102 62 20 5.10

※声楽科の内訳:ソプラノ(志願120・1次72・2次42・最終23・倍率5.22)、アルト(志願24・1次17・2次12・最終11・倍率2.18)、テノール(志願34・1次22・2次14・最終11・倍率3.09)、バス(志願32・1次20・2次12・最終9・倍率3.56)

「入試日程・合格発表」(東京藝術大学入試情報サイト)

和声の「なぜ?」を対話形式でやさしく解説

著者は作曲家の川崎絵都夫氏(東京藝大作曲科卒)らで「藝大和声」をベースにしている
教科書やレッスンではわかりにくかった和声の「なぜ?」を先生と生徒の対話形式でやさしく解説

対話式! 「なぜ?」が分かるとおもしろい和声学〈基礎編〉/川崎絵都夫・石井栄治 共著(CK1)

東京藝大教授陣が執筆 新時代の楽典テキスト

東京藝大音楽楽部の音楽理論・ソルフェージュ教育に準拠
東京藝大附属高校がはじめて教科書に採用
楽譜の読み書きから基本的な和声学習までをカヴァー

楽典 音楽の基礎から和声へ

音楽大学・高校 2020入試問題集

2019年度東京藝大入試の楽典、東京藝大附属高入試の楽典・国語・英語の解答例・解説を掲載
解説は東京藝大作曲科・楽理科卒を中心とする精鋭執筆陣

音楽大学・入試問題集 2020 国公立大・私大・短大・高校・中学・大学院

東京藝大入試 関連記事

【藝大】専攻実技試験の「出題意図」

【藝大】合否判定基準に言及-令和2年度音楽学部募集要項

東京藝大が一部入学試験を中止

【藝大入試2020】ヴァイオリン51名、ピアノ121名が志願

【藝大入試2020】ヴァイオリン23名、ピアノ33名が最終へ

 悲観的な人は風に文句を言い、楽観的な人は風向きが変わるのを待つが、現実的な人は帆の向きを風に合わせる。
(The pessimist complains about the wind; the optimist expects it to change; the realist adjusts the sails)

ウィリアム・アーサー・ウォード(効く言葉 List

Return Top