Violinear

スポンサーリンク

ロンドン老舗楽器店がネットオークション開始-お値段をチェック!

7_640px-Vuillaume-Violin2
John & Arthur Beare(J & A Beare)社は、1892年設立のロンドンの老舗弦楽器ディーラー。

扱うヴァイオリンは市場価値1万ポンド(170万円)以上、弓は2千ポンド(34万円)以上で、特に最高級のオールドイタリーやフレンチボウの専門店として名高い。

また、J & A Beare 社発行の鑑定書は、その信頼性を世界的に認められている。

ロンドンのショップには日本人スタッフも常駐しているようだ。

そのJ & A Beare 社 が、設立122年の歴史上初の試みとして、ネットオークション事業を開始。オークションで落札された楽器には同社発行の鑑定書が付与されるという。イギリスの弦楽雑誌 “The Strad” が 伝えた。

今回扱われるのはヴァイオリン30挺、弓10挺。ヴァイオリンは1698年製のストラディヴァリウス(見積価格4億8千万円~5億9千万円)、1782年製のグァダニーニ(1億7千万円~2億5千万円)等。

その他、10月17日段階で入札進行中の主要なヴァイオリンと弓について、以下、参考までにその見積価格をメモしておこう。※1ポンド=170円

真贋について信頼できる楽器を欧米で購入した場合の価格の目安を知る上で参考になるだろう。

“Beares Auctions”

ヴァイオリン

(関連記事)

【続報】 ロンドン老舗楽器店-ネットオークションの結果

photo by User:Frinck51

スポンサーリンク
 ヴュータンは壮大なスタイルで書きました。その音楽はどこをとっても豊かでよく響くものです。自分のヴァイオリンをよく鳴らそうと思うなら必ずヴュータンを弾いてほしいですね。

ウジェーヌ・イザイ(List

スポンサーリンク
Return Top