Violinear

スポンサーリンク

【Violingo】 ネギショワンドロ・カモッティ

105_medium_4739094851

ネギショワンドロ・カモッティ 【ねぎしょわんどろ・かもってぃ】

クレモナのモダン・イタリーっぽい名前のようだが、楽器のことではない。

あまり筋のよろしくない楽器店の店員の間で使われる俗語で、フルサイズのヴァイオリンを探しにきた「いいカモ」のおけいこニスト親子を指して使われる。

彼ら店員は、親の服装・立ち居振舞い・話ぶりの特徴から、その職業及び資産・収入の状況を鋭敏に嗅ぎ取り、また子供が試奏するその弾きっぷりと音から、資質と腕前のほど、そして将来性までも正確に把握する。

そして親の子供に対する期待度の高さや、「見栄」を見越して、その家の楽器に対する投資可能額の本音のところに見当をつける。

表面上「うちは家計的に100万円以上は無理です」と言っていても、子供に対する期待度が高ければ、必ずその親は300万円までは出せるはず、などという算段に極めて長けているのだ。

こうして「あのお客様はネギショワンドロ・カモッティ」と名指された客には、店側にとってもっとも「おいしい」楽器が売却されることになるかもしれない。

関連語

「目が点」: エリートおけいこニストが持つフルサイズの楽器の値段が「メガテン」(mega ten =「1メガ」は100万倍だから、10の100万倍で1000万)クラスというあまりのべらぼうさに驚きあきれ果てるさまを言う。

photo credit: neil conway via photopin cc

スポンサーリンク
 ヴュータンは壮大なスタイルで書きました。その音楽はどこをとっても豊かでよく響くものです。自分のヴァイオリンをよく鳴らそうと思うなら必ずヴュータンを弾いてほしいですね。

ウジェーヌ・イザイ(List

スポンサーリンク
Return Top