Violinear

スポンサーリンク

アナタとゆき過ぎの女王 ② アリのままで

Freeze-logo_2_

フレッシュさん、ありがとう

 音階練習は「やらなければならないもの」ではなく、「有り難くやらせて頂いているもの」です。

「わたしの音程の悪さを、このすばらしい教材で、よくぞはっきりと教えて下さいました」と、いつもいつも心から感謝して、ひたすら、練習に励みなさい。

その御恩を、いつの日か、素晴らしい演奏で、ステージの上で、お返しできますように、と念じて。

カール・フレッシュさん、ダンケシェン。

小野アンナさん、スパシーバ。

弦(つる)の音階死・・・

コンクール直前

ピアノ合わせも先週終了し、今日は、コンクール2日前。

最後のレッスン。

 コンクールはあさってね。 じゃあ、弾いてみて。

女王は、目をつぶって、腕を組み、音に集中。

通して弾く。一度も、ストップかからず。

(やった、うまくいった。ノーミス。音程もはずさなかった。)

女王の目が開く。

(たぶん、細かいところを、いくつか注意されるはず・・・)

ゆっくりと、ひと言。

 あなた、この曲、初見だった?

おんまさん

今日のレッスンは、幼稚園の年少さん。

女王門下の最年少。

でも、厳しさは、かわりません。

 あーっ。 そういうふうに、するのは、いけません!

あーっ。 弓の毛ゴシゴシは、だめ!

前も言ったでしょ? おぼえてないの?

あーっ。 またやった。 かわいそうでしょ?

ゴシゴシは、かわいそうなの。

ほら、ほら、泣いてる。 泣いてるわよ。 どうするの?

あなた、

おんまさんに、あやまりなさい!

※註:ヴァイオリンの弓の毛は、お馬さんのしっぽの毛。
horses-482594_640

秋の午後の誘い

芸術の秋、食欲の秋。

さわやかな秋晴れの午後。昼食直後のレッスン室には、例によって、あの悪魔が顔を出す。

必死でヴァイオリンを弾くアナタ。それを見つめる女王。

その様子を、ビデオで撮りながら、鉛筆片手に、注意点のメモに余念がない、付き添いのママ。

余念がないママ。   余念が・・・・  ない・・・・。

余     念     が     な     ・・・・。

一瞬の空白。

鉛筆を落とす。

我にかえるママ。

振り返る女王。

「あっ、すみません。」

「本当に」落としたのだ、というふりをしながら、慌てて鉛筆を拾うその姿を見ることこそ、いと哀れなりけれ。

しばらくして、また、メモに・・・  余念・・・・・・が・・・・・・

な・・・・・・い

よ       ね        ん        が・・・・・

な               い              。

空白

今度は上半身が、ガクッと大きく波打ってしまった。

またもや鉛筆が落ちる。

女王はレッスンを止め、振り返った。

また慌てて鉛筆を拾い上げるママ。

もはや言い訳はできず、女王の顔をまともに見ることができない。

バツの悪い沈黙がしばらくあった後、レッスン再開。

しかし、悪魔は決して諦めない。

また暫くすると、メモに・・・・・・・・・余念が・・・・・・・・・

 余念があるから、居眠りするのよね!

とさすがの女王も、付き添いのママの睡魔に対しては、心の中で文句を言うだけだ。

そして、女王、アナタに向かって-

 次のレッスンだけど。 そう、新しい曲よね。 何にしようかしら。

そうね、ちょっとかわったところで、フォーレにしましょう。

フォーレの

夢のあとに。

africa-16717_640

アリのままの

レッスン終了。

今日の女王は珍しくご機嫌うるわしく、キツーイお言葉は少なかった。

ヴァイオリンをケースにしまいながら、ほっとしたアナタは、最近お気に入りの歌を思わず口ずさんでしまう。

悩んでた それももう やめよう

ありのままの~

 アリのままの?

何言ってるの・・・

続きを読む(次頁)

スポンサーリンク
 ヴュータンは壮大なスタイルで書きました。その音楽はどこをとっても豊かでよく響くものです。自分のヴァイオリンをよく鳴らそうと思うなら必ずヴュータンを弾いてほしいですね。

ウジェーヌ・イザイ(List

スポンサーリンク
Return Top