Violinear

スポンサーリンク

【初公開】 ウィーン・フィルのオーディション風景

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の入団オーディションは、どのようにして行われているのでしょうか?

ウィーン・フィルの公式フェイスブックページが、最近行われたオーディションの様子を撮った写真を説明文付きで公開しています。

国際コンクールの審査における公正性や透明性に関する議論が高まる中、オーケストラも自らの内規に沿って進める入団試験のプロセスをオープンにしていく必要性を感じ始めているのかもしれません。

正式入団までに最低3年

1958031_761606480583830_4887959854363738088_n
ウィーン・フィルに入団するには、まず、ウィーン国立歌劇場管弦楽団の団員にならなければなりません。

オーディションに合格すると、通常は1~2年の試用期間があり、その後、正式に入団する資格があるかどうかを審査されます。正式入団までには最低3年はかかるようです。

2014年11月末に行われたのは、コンサートマスターとファゴット奏者のオーディションだったようです。

 (写真)オーディションが行われたウィーン国立歌劇場のグスタフ・マーラー・ホール

審査員は25名

10494687_761607513917060_7488887344430295946_n
オーディションの審査員は25名。コンサートマスター(4名のうち2名)、各パートの首席奏者、ウィーン・フィルの責任者とマネージング・ディレクター、関連パートの奏者5名、国立歌劇場管弦楽団の評議員2名、国立歌劇場の代表者からなります。
10619980_761607813917030_1536741154315402006_o
オーディション直前に出演順を抽選します。

第1ラウンドは「カーテン審査」

535949_761608183916993_8459266245995840169_n
オーディションの第1ラウンドは、演奏者が誰か分からないように、パーティション(仕切り)の向こうで演奏する「カーテン審査」です。
10424999_761608477250297_4083315023529737316_n
仕切りの反対側から撮った写真。

レベル不十分だと合格者なし

10734200_761608653916946_5445744995275690420_n
オーディション参加者は2~20点で評価され、定められた平均点に達すると、次のラウンドに進めます。ファイナルラウンドは仕切りなしで演奏します。

参加者のレベルが不十分だと、オーディションは不成立。2014年11月末に行われたオーディションは合格者ゼロでした。
1526316_761608633916948_1491071366513474178_n
審査員の背後には、オーディションの見学者がいることも。

「ウィーン・フィル」公式フェイスブックページ

【ウィーン・フィル オーディション 関連記事】

・その後、2015年6月16日・17日に、ウィーン・フィルのコンサートマスターの2度目のオーディションが実施されたが、その募集要項に興味深い一文が添えられていた。
【キュッヒル後継】 ウィーン・フィルがオーディションを実施

・2度目のオーディション。コンマスは最終選考の場へ。そこに登場したのは、あの指揮者。
ウィーン・フィルがオーディション実施-コンマスは最終選考へ

・そして、2015年12月16日、難航した新コンサートマスターの選考がようやく決着を見た。
ウィーン・フィル、新コンサートマスターを発表

【ウィーン・フィルの “音” の秘密 関連記事】

・ウィーン・フィルのあの極上のビロードサウンドは何によって生まれるのか? 他のオケにない独特の音の秘密が、団員の実演動画を交え解説される。
コンマスが弾き比べ 「ウィーン・フィル」その独自の音の秘密

・ 高い楽器でないから、いい音が出ないし、コンクールも通らないのだろうか? もし、その楽器をウィーン・フィルの団員が弾けば・・・
ウィーン・フィルの楽器は「銘器」ではないがよく鳴る

スポンサーリンク
 ヴュータンは壮大なスタイルで書きました。その音楽はどこをとっても豊かでよく響くものです。自分のヴァイオリンをよく鳴らそうと思うなら必ずヴュータンを弾いてほしいですね。

ウジェーヌ・イザイ(List

スポンサーリンク
Return Top