Violinear

スポンサーリンク

独オケのコンマスに、「ロン=ティボー」「バッハ国際」入賞者

hannoverproms316_v-vierspaltig
ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団(NDR Radiophilharmonie)の第1コンサートマスターに、24歳のドイツ人女性ヴァイオリニスト フリデリケ・スタークロフ(Friederike Starkloff)さん が就任することが決まった。

スタークロフさんは、ドイツ・ザクセン州ケムニッツ生まれ。ヴォルフガング・マルシュナー、アリアネ・マテウス、ライナー・クスマウル(2008~2012 フライブルク音楽大学)、アンティエ・ヴァイトハース(2012~ ハンス・アイスラー音楽大学ベルリン)の各氏に師事。

「2014ロン=ティボー=クレスパン国際」第3位、「2010J.S.バッハ国際(ライプツィヒ国際バッハ)」第3位、「2009レオポルト・モーツァルト国際」第2位、「2008中国国際」第3位など、これまでに数多くの国際コンクールでの入賞実績がある。

使用楽器は、バーデン=ヴュルテンベルク州から貸与された J.B.グァダニーニ。

ハノーファー北ドイツ放送フィルは、1998年~2009年まで大植英次氏が首席指揮者を務めていたことでも知られる。(2009年から終身名誉指揮者)

現在の首席指揮者はアンドリュー・マンゼ氏。

「ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団」公式サイト(ドイツ語)

photo by Das Orchester | NDR.de

スポンサーリンク
 弦だとか弓の毛だとか、そんなことを意識しているようじゃだめなんだ。ヴァイオリンは弾くものじゃなく、歌うものだ。

レオポルド・アウアー(List

スポンサーリンク
Return Top