Violinear

スポンサーリンク

楽器の機内持ち込み認められず 空港で足止め

16_Airbus_A340_-_Lufthansa_-_001
スイスのユースオーケストラが、ヴァイオリンとヴィオラの機内持ち込みを認められず、香港国際空港で4時間足止めを食うというトラブルが発生した。クラシック情報ブログ “Slipped Disc” が 伝えた。

トラブルに巻き込まれたのは、チューリッヒに拠点を置く青少年で編成されたオーケストラ 「LGTヤングソロイスツ」 の一行。

シンガポールと香港での公演を終えて、12月6日にチューリッヒ行きのシンガポール航空で帰国の途につこうとしていた時だった。

空港でシンガポール航空の職員から「ヴァイオリン(8挺)とヴィオラ(2挺)は機内に持ち込めない。受託手荷物として預けなければ、搭乗は認められない」と申し渡されたという。(チェロはエクストラシートを予め確保、コントラバスは受託手荷物として預けようとした)

「ルールだから」の一点張り

一行を引率していた同オケのアーティスティック・ディレクター Alexander Gilman 氏が、ヴァイオリンにはストラディヴァリなどの高価な銘器も含まれており、受託手荷物扱いでは楽器が損傷し大変な損害を被る恐れがあることを訴えたが、職員は聞き入れず、「これがシンガポール航空の規則である」と繰り返すのみだったという。

一行は、チューリッヒから香港へ向かう行きの便でもシンガポール航空を利用しており、その時は何の問題もなく楽器を機内に持ち込むことができた。

シンガポール航空の 機内持ち込み手荷物のルール には、他の多くの航空会社同様、サイズや重量の制限はあるものの、楽器を持ち込めないという規定は存在してない。

シンガポール航空をよく利用するシンガポール交響楽団や他のユースオーケストラの関係者からは、今回のトラブルに関して、「普段から楽器は問題なく機内に持ち込めている。シンガポール航空は特に年少の乗客に対しては親切なはずだが・・・」等と、戸惑いの声が上がっている。

グァルネリの持ち込みを拒否する例も

一方で、こんな体験を報告する人もいる。

 先週、香港からドバイに向かう際に、私も同様のトラブルを経験した。エミレーツ航空の職員が極めて横柄な態度で、私の1719年製のグァルネリの機内持ち込みを認めようとしなかったのだ。長い口論の末に彼女の上司が出てきて、やっと持ち込めることができた。頻繁に起こるこうした問題を全く知らない職員がいる。現場の教育がなっていない。

「LGTヤングソロイスツ」のメンバーらは香港の空港で4時間立ち往生したが、結局、シンガポール航空と同じ航空連合(「スターアライアンス」)に加盟するルフトハンザドイツ航空への搭乗が可能となり、一件落着。

ルフトハンザ機内への楽器持ち込みを認められた一行は、無事、チューリッヒに帰還することができたという。

航空会社や空港の現場スタッフの中には、規則を無視して、理不尽な対応をしてくる職員が存在する可能性がある。

楽器を所持して海外に出る場合は、もしもの場合に備えて、搭乗する航空会社の手荷物規則等をプリントアウトして所持しておいたほうが良いだろう。

photo : Wikimedia Commons

追記

今回のトラブルは、「LGTヤングソロイスツ」のアーティスティック・ディレクター Alexander Gilman 氏が、“Slipped Disc” に一報を入れたことで明らかとなったが、その後 Gilman 氏は “The Strad” にもその時の状況を語っている。 The Strad” の記事より、いくつかの事実を以下に追記しておく。

  • 「LGTヤングソロイスツ」のヴァイオリン(8挺)には、ストラディヴァリ1挺、テストーレ(Testore)1挺、ガリアーノ(Gagliano)2挺が含まれていた。
  • Gilman 氏はシンガポール航空の職員に、「(楽器の機内持ち込みを禁止する)そんな規則があるなら見せて欲しい」と言い、またFAA(アメリカ連邦航空局)の規則集を示して、パイロットとも話をしたいと頼んだが、拒否された。
  • 「なぜ行きの便では何の問題もなく持ち込めたのか?」と尋ねたが、職員からは何の返答もなかった。
  • ルフトハンザ機への搭乗に振り替える際も、まるで邪魔するかのように、職員らはヴァイオリンケースの大きさを示すために写真に撮って、それをルフトハンザ側に渡していた。(もちろんルフトハンザ側では何の問題もなかったが)
  • ルフトハンザの職員はシンガポール航空による子供たちに対するあまりにひどい対応ぶりにショックを受けていた。
  • チューリッヒに戻った後、シンガポール航空にコンタクトを取ったが、今のところ何の返答も得られていない。
スポンサーリンク
 弦だとか弓の毛だとか、そんなことを意識しているようじゃだめなんだ。ヴァイオリンは弾くものじゃなく、歌うものだ。

レオポルド・アウアー(List

スポンサーリンク
Return Top