Violinear

スポンサーリンク

メトロポリタン歌劇場管弦楽団の新コンマスに国際コン覇者が就任

NZ

photo by Simon Darby

2016年7月7日、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場管弦楽団は、新たなコンサートマスターにカナダ人ヴァイオリニスト ニッキ・チョイ氏(27歳)が就任すると発表した。(参照

ニッキ・チョイ氏は、カーティス音楽院を経て、ジュリアード音楽院でイダ・カヴァフィアン、ドナルド・ワイラースタインの両氏に師事。「2013マイケル・ヒル国際」第1位、「2012エリザベート王妃国際」ファイナリスト。(2015年に、クラシックからジャズ、ヒップホップまで多彩なジャンルの曲を演奏する弦楽トリオ “Time for three” に加入したが、今回のコンマス就任でメンバー交替となる模様)

ニッキ・チョイ氏の契約は8月からの1年間で、現コンサートマスターのデイヴィッド・チャン氏(「1990チャイコフスキー国際」第5位、「1994インディアナポリス国際」第3位 ジュリアード音楽院教授)とのコンサートマスター2名体制で、オペラシーズンには毎日開催される同歌劇場の公演の任を務めることになる。

チョイ氏は、倍率が200倍に達するという難関のオーディション(※)によって選ばれた。

メトロポリタン歌劇場管弦楽団では、2015-2016年シーズン終了後に、40年間音楽監督を務めた巨匠ジェームズ・レヴァイン氏が退任する。

チョイ氏の契約が延長されれば、次期音楽監督に就任するヤニック・ネゼ=セガン氏(フィラデルフィア管弦楽団音楽監督)とのカナダ人コンビにより、メトロポリタン歌劇場の新たな時代が幕を開けることになる。

(※)メトロポリタン歌劇場管弦楽団の 公式サイト には、最近のオーディションの例が示されている。
208名の応募者のうち、書類審査を経て実演審査にそのまま進めたのは64名。42名に対しては音源の提出が申し渡されたが、そのうち実演審査に進めたのは3名。実演審査は3ラウンド制(予選・セミファイナル・ファイナル)で、67名⇒15名⇒2名と絞られ、1名のみが採用された。

動画は、「2013マイケル・ヒル国際」でのシベリウス:ヴァイオリン協奏曲の演奏。

スポンサーリンク
 ヴュータンは壮大なスタイルで書きました。その音楽はどこをとっても豊かでよく響くものです。自分のヴァイオリンをよく鳴らそうと思うなら必ずヴュータンを弾いてほしいですね。

ウジェーヌ・イザイ(List

スポンサーリンク
Return Top