Violinear

スポンサーリンク

大震災の前後に来日したふたりの巨匠ヴァイオリニスト

大震災の前後に来日したふたりの巨匠ヴァイオリニスト

1923年(大正12年)9月に起こった関東大震災の前後に、ふたりの偉大なヴァイオリニストが相次いで日本を訪れている。

ひとりはフリッツ・クライスラー。

1923年5月1日から5日間、帝国劇場で来日リサイタルを行った。ギャラはワンステージ5,000円。当時の日本では家1軒が軽く購入できるほどの破格の金額であったという。

もうひとりは、そのクライスラーをして「我々に残されたのはもはや楽器を投げ捨てることだけだ」と言わしめた、ヤッシャ・ハイフェッツ。

ハイフェッツの来日は当初1923年9月に予定されていた。

しかし、9月1日に起こった関東大震災が東京に壊滅的な被害を与え、9月中の来日は不可能となる。この大震災でクライスラーが5月にリサイタルを行った帝劇は外郭を残して焼け落ちてしまった。

ハイフェッツはまさに大震災の日、9月1日にニューヨークから東洋への船旅に赴こうとしていた。

弱冠21歳。当時すでにその超人的な技巧と多彩な音色、峻厳な音楽性で世界のヴァイオリン界をリードする存在となっていた。

旅の途上、関東大震災の報に接したハイフェッツは船内で慈善演奏会を開催し、義捐金3,000円を集めたと言われている。

彼は1917年、ロシア革命の混乱に揺れるロシアから、シベリア経由で母・妹と共にアメリカに亡命している。その途中、一家は日本に立ち寄り、2週間ほど滞在したという。

ハイフェッツが震災で廃墟と化した東京への哀惜の念を強く感じたであろうことは想像するに難くない。

ハイフェッツはまず中国に向かい、その後日本の神戸へ。11月7日、震災から2ヶ月後の東京に降り立った。

11月9日から3日間行われたリサイタルは、帝劇が焼失したため、帝国ホテルの宴会場で催された。

リサイタルでは、ヴィターリ『シャコンヌ』、ヴィエニヤフスキ『ヴァイオリン協奏曲第2番ニ短調』、シューベルト『アヴェ・マリア』などが演奏された。

photo credit: joevare via photopin cc

スポンサーリンク
 弦だとか弓の毛だとか、そんなことを意識しているようじゃだめなんだ。ヴァイオリンは弾くものじゃなく、歌うものだ。

レオポルド・アウアー(List

スポンサーリンク
Return Top