Violinear

スポンサーリンク

【藝高入試2018】 ヴァイオリン専攻 第1回合格者発表

151_640px-Kuroda_memorial_hall01s3200

18名が第2回へ

1月20日16時半、「東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校」(藝高)入試のヴァイオリン専攻第1回目の実技試験の結果が発表され、受験者25名のうち18名(72%)が合格、第2回試験に進んだ。

昨年は27名中19名(70%)、一昨年は37名中24名(65%)が第2回試験に進んだ。

ヴァイオリン専攻の第2回試験は1月22日(月)に実施される。

朝9時より、指定された集合時間に集まった2〜3名ずつが点呼を受け、伴奏を務める試験係員(藝大弦楽科伴奏助手の先生)とリハーサルの後、試験教室へ向かう。

第2回の課題曲は、ラロ:スペイン交響曲 第1楽章。

結果発表は、当日(1月22日)16時半以降となっている。

平成30年度「ヴァイオリン第1回合格者発表」(2018/1/20)(藝高公式サイト)

photo by 663highland

スポンサーリンク
 ヴュータンは壮大なスタイルで書きました。その音楽はどこをとっても豊かでよく響くものです。自分のヴァイオリンをよく鳴らそうと思うなら必ずヴュータンを弾いてほしいですね。

ウジェーヌ・イザイ(List

スポンサーリンク
Return Top