Violinear

スポンサーリンク

【芸高入試2015】 受験者112名、ヴァイオリンは29名

藝高入試 2015-logo_2_
1月18日にセンター試験が終了した東京藝大上野キャンパス。息つく暇もなく1月20日からは、いよいよ「東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校」(以下、芸高)の平成27年度入試が始まる。

試験前日となる1月19日、芸高校内の掲示板及びホームページに、「第1回実技試験の集合時間」・「入試に関する注意事項」・「ピアノ科実技試験演奏箇所」が掲示された。

「入試前日掲示を掲載しました」(「東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校」公式サイト)

集合時間表によれば、今年の受験者数は112名(昨年は109名)、ヴァイオリンは29名(昨年27名)、ピアノは47名(昨年41名)と、いずれも昨年を上回った。

一方、チェロは4名(7名)、ヴィオラは4名(5名)、ハープは1名(2名)と減少し、コントラバスが1名(0名)。

管打楽器は全体で17名(18名)。フルート4名(4名)、オーボエ2名(3名)、クラリネット3名(5名)、サクソフォーン4名(1名)、ファゴット1名(0名)、ホルン2名(0名)、トランペット1名(3名)、打楽器0名(2名)となっている。

作曲は2名(2名)、邦楽は7名(7名)と変わらず。

ヴァイオリンは1月20日9時より第1回試験(音階とローデ20番)が開始され、14時頃には終わる。

第1回試験の合格発表は16:30から。発表時に第2回試験の集合時間も掲示される。

頑張れ!受験生

最もプレッシャーのかかる第1回の実技試験だが、これを乗り切れば気持ち的にはずっと楽になって第2回試験に臨めるはずだ。

緊張していると思ったら、「集中していない証拠」と考え、ただひたすら集中することだけに心を傾けよう。

いつも通りの演奏で良い。それ以上のものは必要ない。

ゆっくりと、深く、深く、深呼吸して。

「成功」のイメージだけを頭に思い描いて。

受験生の皆さんのご健闘を心よりお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
 ヴュータンは壮大なスタイルで書きました。その音楽はどこをとっても豊かでよく響くものです。自分のヴァイオリンをよく鳴らそうと思うなら必ずヴュータンを弾いてほしいですね。

ウジェーヌ・イザイ(List

スポンサーリンク
Return Top