Violinear

スポンサーリンク

【芸大】 平成27年度 東京藝大入試 課題曲発表

Geidai_Pieces 2015_purple_2_-logo

パガニーニ、リターンズ

10月23日、平成27年度の東京藝術大学(以下、芸大)音楽学部 入学者選抜試験の試験内容及び課題曲が、芸大公式サイトに掲載された。(同内容を印刷した冊子はすでに10月9日16時から芸大で配布されている)

「平成27年度 東京藝術大学音楽学部・大学別科入学者選抜試験 試験内容及び課題曲の掲載について

器楽科ヴァイオリン専攻の課題曲は、昨年(平成26年度)、第1回(1次)にイザイ:無伴奏ソナタが出されるという  “サプライズ” があったが、今年は例年並みに戻り、第1回は音階+ パガニーニ23番、第2回はバッハ:無伴奏パルティータ1番ブーレ+メンデルスゾーン:協奏曲ホ短調1楽章となった。

器楽科 弦楽 ヴァイオリン専攻

【第1回】

(A)音階
カール・フレッシュ:スケール・システム (Carl Flesch:Scale System) より イ長調(A Major)で、次のイ、ロ、ハ、ニ、ホ、ヘの各種を下記(譜例)を参照し、演奏すること。

(イ)音階,分散和音,分散 3 度,半音階
(ロ)3 度の重音
(ハ)6 度の重音
(ニ)8 度の重音
(ホ)フィンガード・オクターヴ
(ヘ)10 度の重音
※指定されたスラーを厳守すること。フィンガリングは自由。

(B) Paganini:24 Caprices より
第23番 E♭Major
※繰り返しは無しとする。
(注)すべて暗譜とし、使用する楽譜の版は特に指定しない。
時間の都合により一部を省略させることがある。
演奏は(A)(B)の順とする。

【第2回】

(A)J.S.Bach:無伴奏パルティータ 第1番(B Minor)BWV1002 より
Tempo di Borea (Doubleはなし)
※繰り返しは無しとする。

(B)Mendelssohn:Violin Concerto ホ短調(E Minor)Op.64
第1楽章
(注) すべて暗譜とし、使用する楽譜の版は特に指定しない。
(伴奏者は本学で用意する。伴奏者の同伴は認めない。)
時間の都合により一部を省略させることがある。
演奏は(A)(B)の順とする。

これは、第1回のパガニーニの指定が異なることを除けば、平成20年(2008年)度と同じ課題曲である。(平成20年度はパガニーニ24番だった)

第2回の協奏曲も、平成20・21・25年と繰り返し課題になり、言わば「定番」化した感のあるメンコンがまた出され、芸大好みのオーソドックスな路線が復活したことになる。

芸高入試でも昨年、第1回の「定番」ローデがバッハ無伴奏ソナタになるという “サプライズ” があったのだが、今年は再びローデが復活している。

芸高と芸大の課題曲選定は芸大弦楽科教授陣によって行われており、高校と大学で軌を一にした昨年の変化には、何らかの意図があったと思われるのだが、あっさりと1年で元に戻った形だ。

平成27年度芸大入試の専攻実技第1回は2015年2月25日~27日、第2回は3月3日~5日。それぞれで合否が発表され、音楽に関する基礎能力検査(聴音書き取りと楽典の筆記試験、新曲視唱とリズム課題の実技試験)と副科ピアノの実技試験は3月7日に行われる。

日時等詳細は、12月上旬配布の「学生募集要項」に掲載される「入学試験実施日程表」で明らかにされる。

「平成27年度 東京藝術大学音楽学部入学者選抜試験(1.音楽に関する基礎能力検査の試験内容 2.副科実技等の課題曲等)について」(芸大公式サイト)

「平成27年度入学者選抜要項」(同上)

芸大入試 過去7年の第1回と第2回の課題曲の変遷

  • 平成20年(2008年)実施
    ・第1回 音階+パガニーニ:カプリース24番
    ・第2回 バッハ:無伴奏パルティータ1番ブーレ+メンデルスゾーン:協奏曲ホ短調1楽章
  • 平成21年(2009年)実施
    ・第1回 音階+バッハ:無伴奏ソナタ3番ラルゴ・アレグロアッサイ
    ・第2回 メンデルスゾーン:協奏曲ホ短調1楽章
  • 平成22年(2010年)実施
    ・第1回 音階+バッハ:無伴奏パルティータ3番プレリュード+パガニーニ:カプリース20番
    ・第2回 チャイコフスキー:協奏曲1楽章(カデンツァの終わりまで)
  • 平成23年(2011年)実施
    ・第1回 音階+バッハ:無伴奏ソナタ1番フーガ
    ・第2回 パガニーニ:協奏曲1番1楽章(カデンツァなし)
  • 平成24年(2012年)実施
    ・第1回 音階+パガニーニ:カプリース9番
    ・第2回 バッハ:無伴奏パルティータ3番ルール+プロコフィエフ:協奏曲1番1楽章
  • 平成25年(2013年)実施
    ・第1回 音階+パガニーニ:18番
    ・第2回 バッハ:無伴奏パルティータ3番ガヴォット+メンデルスゾーン:協奏曲ホ短調1楽章
  • 平成26年(2014年)実施
    ・第1回 音階+イザイ:無伴奏ソナタ4番1楽章
    ・第2回 バッハ:無伴奏ソナタ1番シチリアーノ+ヴュータン:協奏曲5番1楽章(カデンツァの前まで)
スポンサーリンク
 ヴュータンは壮大なスタイルで書きました。その音楽はどこをとっても豊かでよく響くものです。自分のヴァイオリンをよく鳴らそうと思うなら必ずヴュータンを弾いてほしいですね。

ウジェーヌ・イザイ(List

スポンサーリンク
Return Top