Violinear

スポンサーリンク

【写真】 さようなら、津田ホール 「学生音コン」メモリーズ

IMG_0146
2007年から「全日本学生音楽コンクール」の東京大会が行われ、若い演奏家らの “聖地” であり続けた津田ホール(東京・千駄ヶ谷)が、2015年3月末で閉館する。

ホールでの最後の予選が行われた2014年9月。

いろいろな場所に刻まれたコンクールの記憶を辿ってみた。
IMG_tsudahall-0111
JR千駄ヶ谷駅の改札口を出ると、あの建物はすぐに見えてくる。

いつもドキドキしていた。
IMG_tsudahall-0114
門が見えると、もう緊張は頂点だ。
IMG_tsudahall-0116
IMG_tsudahall-0136
入口を入ると、右手にエレベーター。
IMG_tsudahall-0118
そこを抜け、奥の階段へと向かう。
IMG_tsudahall-0120
セプテンバー・ステップス、響きの場所へ。
IMG_tsudahall-0135
ゆっくりと階段を上がると、凛とした空気が流れてくる。
IMG_0134
控室からバッハのルール、パガニーニ20番の前奏部・後奏部。

それは心なしか、惜別の歌のように聞こえてくる。
IMG_0132
ホワイエはいつも「待つ」場所。出番を、結果を、響きの余韻を・・・
IMG_tsudahall-0127
窓の向こうの東京体育館の催しを眺めたら、少しだけ心が落ち着いた。
IMG_0130
「関係者以外立ち入り禁止」のドアを見つつ、階下へ。
IMG_tsudahall-0124
ホール内の演奏はここまで聞こえてくる。
IMG_tsudahall-0125
レストルームで、深呼吸をし、心を整える。
IMG_tsudahall-0123
そして、本番のステージへ。
IMG_tsudahall-0121
IMG_tsudahall-0122
結果発表の後に・・・
IMG_tsudahall-0138
シュニッツェルを食べた “ユーハイム”
IMG_0113
いつまでも、あの響きの記憶は忘れない。
IMG_0137
IMG_tsudahall-0141

スポンサーリンク
 ヴュータンは壮大なスタイルで書きました。その音楽はどこをとっても豊かでよく響くものです。自分のヴァイオリンをよく鳴らそうと思うなら必ずヴュータンを弾いてほしいですね。

ウジェーヌ・イザイ(List

スポンサーリンク
Return Top