Violinear

スポンサーリンク

【芸大入試のリアル③】専攻実技 4つの“常ならぬ事態”

Real Geidai-logo_frame_green__
大学入試は人生の岐路である。

「そんなことは言われなくてもわかっている。心をかき乱さないで欲しい。」

そう感じる受験生は、以下は読まないで頂きたい。

しかし、受験が2年後、3年後、さらにずっとその先で、「入試の課題曲は学コンに比べればレベルが低い。冬場まではコンクール対策で押して、その勢いで受ければ、入試なんて楽勝」と、入試をコンクールの延長、あるいはそれ以下と、かなり甘く考えている人は、ぜひこれから書くことを読んで、芸大専攻実技のリアルと今から向き合って頂きたいと思う。

これは早いほうが良い。

“見ないふり” して遠ざけてはならない

芸大入試の専攻実技試験には、あなたがこれまでの演奏人生でまだ一度も経験したことのない未曾有の事態が待ち受けていると思っておいたほうがよいだろう。

いかにコンクール経験が豊富でも、それらに関して何の対策もしなければ、合格を手にするのは容易ではない。

実際、コンクールの入賞実績がある受験生が、入試の専攻実技で落とされるケースは、それほど珍しくはないのだ。

入試で待ち受ける事態について深く考えすぎると、かえってプレッシャーになってしまうので、それを見ないふりして、やり過ごし、「何とかなるだろう」という気持ちのまま受験に臨んでしまうケースもあるが、それはリスクの大きさから言っても、少々無謀と言わざるを得ない。

ここでは、人生の岐路となる入試に伴う専攻実技の4つの常ならぬ事態と、それらがもたらす心理的状況をあえて挙げてみることにする。まずはそれらに正面から向き合って頂きたいと思う。

「チャレンジは1度きり」という切迫した状況

コンクールなら、駄目でも別のコンクールがある。「学コン」は1年に1度だけだが、毎年受けられる。

しかし大学入試は落ちれば、1年後、しかもそれがほぼラストチャンスになると言ってよい。美大入試と違って、浪人を何年も重ねる選択肢はありえないのだ。

そして、浪人できない事情が加われば、チャンスはたったの1度きりとなる。そのプレッシャーは並大抵ではない。

「アラ探しの数十の冷たい視線」にさらされること

器楽科専攻の担当教官らの前で、1次は音階とパガニーニを弾く。

まずは正確に。「アラ探しに余念がない数十の冷たい視線」をものともせず、ミスしないで、正しい音程で弾き切らなければならない。

「ミスできない」という思いに、上記の「チャンスは1度きり」という思いが重なってくると、相当に追い込まれた精神状態となる。かなりのプレッシャーが受験生に襲い掛かってくると考えるべきだろう。

そして、プレッシャーがあるからと言って、演奏が安全運転に終始していいわけではない。(特に2次の協奏曲では)

「寒さ」

専攻実技の試験は2月末から始まる。まだ冬は終わっていない。

室内の暖房が十分でも、手先が冷えて、かじかんで、そこにプレッシャーが加わると、満足に指が動かずに普段の演奏ができなくなる危険性がある。

「センターの結果」が胸の奥で “ひっかかっている”

1月に行われたセンター試験は、自己採点によって得点はすでにわかっている。

「6割は取りたい」とされるセンターだが、7~8割取れていれば、心配はなくなる。「センター試験の成績は最終判定に用いる」のみだから、これでひと安心、メインの専攻実技に集中できるわけだ。

しかし、5割を切って、4割、あるいは3割等ということになれば、胸の奥にこのセンターの芳しくない結果がひっかかったままで、専攻実技に臨まざるを得なくなってしまう。

バイオリンと、割合は少ないけれど勉強との両立が試される機会こそが、入試なのである。

あらゆる事態を想定しておく

リスク対策の基本は、まずあらゆる事態を想定しておくこと。上記の不都合な真実を「見ないふり」して、入試当日に、いきなりその現場に立たされて、「こんなはずではなかった」「こんなに緊張するとは思わなかった」となってしまうことだけは、まず避けなければならない。

「チャレンジは1度きり」という切迫した状況の中で、「アラ探しの数十の冷たい視線」にさらされ、「寒さ」に手がかじかみ、「センターの結果」に気が重くなりながらも、試験場ではミスなく闊達に表現豊かに演奏を完遂しなければならない。

そう考えると、受験はコンクールの季節を過ぎた後の付け足し程度のイベントではあり得ないことがわかるだろう。

もっとも、芸高生の場合は、同様の(あるいはそれ以上に苛酷な)事態と心理状況を芸高受験時にすでに1度経験済みで、そこをパスしてきている。それはかなりの強みとなるだろうが、もう1度、入試のプレッシャーをはねのけたハイパフォーマンスを試験場で実践しなければならない。

そして、参考程度とはいえ、センター試験の出来は、多くの芸高生にとっては無視できない “ひっかかり” となるかもしれない。

どんな状況でも弾ける訓練、センター対策、楽器へのケア

あらゆる事態を想定した上で、次の対策は、プレッシャーがかかる状況でも普段の練習の成果が出せるように訓練することだ。

人前で、できるだけ音階やパガニーニを弾く、それも朝起きた直後や、運動したり移動した直後などに、一切の準備なしに、すぐに弾いてみる等、どんな状況でも当たり前に弾けるようにトレーニングする。

また、控え室で手袋をはめる等の冬場の寒さ対策も、日頃から実践し、習慣化しておく必要がある。

そして、センター試験科目の国語と英語。普段の授業と定期試験にまじめに取り組むことと、受験期は夏休み前からセンター形式の問題集を使って、徹底的なパターン・プラクティスを繰り返すことだ。必要ならセンター模試も受けておきたい。

あとは、楽器へのケアも怠りなく。これはコンクール前でも実践していると思うが、入試前は特に念入りに、弦の張り替え、弓の毛の張替え、楽器の調整のタイミングをよく見計らって、試験場でトラブルなく最高の状態で演奏できるようにチューンナップを施しておく必要がある。

受験用にもし楽器を借りる場合は、その楽器がどれくらい違いを生み出せるのかという点と、扱い慣れた自分の楽器がもたらす安心感・操作性とを天秤にかけて、慎重に判断する必要があるだろう。

借りた楽器だと、弦の張替え時期や調整の時期も、今までの楽器と異なってきて、経験が生かせなくなる可能性があるので、その点は大いに注意する必要がある。

シリーズ【芸大入試のリアル】

【芸大入試のリアル①】偏差値 “ありえね” 受験産業不在の異界

【芸大入試のリアル②】「現実倍率」と「黒ひげ危機一髪」

【芸大入試のリアル④】 “1単語1秒”ハイフェッツ並みのセンター英語

芸大入試関連記事

センター英語を何とか 「しのぐ」 その一手とは?

【東京芸大】平成27年度 音楽学部入試 募集要項配布

【東京芸大】 平成27年度学部入試 志願状況を発表

【芸大入試】 愛知県芸・京都市芸は昨年より志願者増

スポンサーリンク
 弦だとか弓の毛だとか、そんなことを意識しているようじゃだめなんだ。ヴァイオリンは弾くものじゃなく、歌うものだ。

レオポルド・アウアー(List

スポンサーリンク
Return Top