Violinear

スポンサーリンク

【日本人が連続入賞】オーストリア、イタリアの国際コンクールで

【日本人が連続入賞】オーストリア、イタリアの国際コンクールで

「ブラームス国際」で第2位

9月2日~9日、オーストリア・ペルチャッハで開催された「第25回ヨハネス・ブラームス国際コンクール」のヴァイオリン部門で、日本の西山舞音さん(18歳 / ウィーン国立音大)が第2位に入賞した。

同コンクール同部門では、前回(2017年)、日本の中村太地さんが第1位を獲得しており、日本人の連続入賞となった。

今回の出場は51名(日本8名)、セミファイナル進出16名(日本2名)、ファイナル進出3名(日本1名)。

受賞者

1st Prize €2500
Eva Zavaro(France)

2nd Prize €1500
Maine Nishiyama(Japan)

3rd Prize €500
Julia Turnovsky(Austria)

西山舞音さんは、「第4回(2017)ヴァスコ・アバジエフ国際ヴァイオリンコンクール」第1位。

公式サイト

「西山さんがバイオリン2位 ブラームス国際コンクール」(9月8日付「産経ニュース」)

「リピツァー国際」で第5位

)9月7日~16日、イタリア・ゴリツィアで開催された「第37回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」で、日本の栗原壱成さん(東京藝大4年)が第5位と2つの特別賞(高い芸術性に対し授与される Anna Piciulin特別賞とモーツァルト最優秀解釈賞)を受賞した。また、加藤周作さんが聴衆賞(ベストセミファイナリスト賞)を受賞した。

同コンクールでも、前回(2017年)、日本の中村太地さが第3位を受賞。日本人の連続入賞となった。(栗原さんは前回、セミファイナリストで、2つの特別賞を受賞)

今回の出場は34名(日本6名)、セミファイナル進出15名(日本3名)、ファイナル進出6名(日本1名)。

受賞者

1st Prize €12000
Matthew Hakkarainen(United States)

2nd Prize €6000
Hawijch Elders (Holland)

3rd Prize €4000
Simon Ximeng Zhu (Germany)

4th Prize €2500
Hui Hua (China)

5th Prize €2000
Issei Kurihara(Japan)

6th Prize €1500
Simon Wiener(Switzerland)

栗原壱成さんは、「第64回(2010)全日本学生音楽コンクール」中学校の部・東京大会第3位。「2018ソウル国際音楽コンクール」セミファイナリスト、「第36回ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール」セミファイナリト・特別賞(ロドルフォ・リビツァー文化協会賞、20世紀ソナタ最優秀演奏賞)。

公式サイト

“Prizes Awarded at Italy’s 2018 Lipizer International Violin Competition”(”The Violin Channel”)

スポンサーリンク
 ヴュータンは壮大なスタイルで書きました。その音楽はどこをとっても豊かでよく響くものです。自分のヴァイオリンをよく鳴らそうと思うなら必ずヴュータンを弾いてほしいですね。

ウジェーヌ・イザイ(List

スポンサーリンク
Return Top