Violinear

スポンサーリンク

ロシアに新たな国際コンクール、優勝者にモダン名器を贈呈

「第1回ウラジーミル・スピヴァコフ国際ヴァイオリンコンクール」

ロシアのヴァイオリニスト・指揮者のウラジーミル・スピヴァコフ氏の名を冠した国際ヴァイオリンコンクールが新設された。

ロシア連邦中央部に位置するバシコルトスタン共和国の文化省が主催し、2016年5月10日~17日に、同共和国首都のウファで開催される。

ウラジーミル・スピヴァコフ氏はコンクールの芸術監督(Art Director)に就任し、審査委員長はミハイル・コペルマン氏(※)が務める。その他の審査員は今後発表されるものと思われる。
(※)ボロディン弦楽四重奏団、東京クヮルテットで第1ヴァイオリンを務め、2002年からアメリカ・イーストマン音楽院教授。

応募資格は15歳~26歳。

事前審査に通過したコンテスタントが、ウファで行われる3ラウンド制の本審査に出場する。

優勝者には、イタリア・モダンの名器、1890年製の カルロ・ジュゼッペ・オッドーネ(Carlo Giuseppe Oddone) が贈呈される。

第2位にはフランスのコンテンポラリー(Alain Carbonare)と5千ドル、第3位にはクレモナのコンテンポラリー(Maria Strelnikova)と3千ドル、第4位には2千ドルがそれぞれ贈られる。

また特別賞として、ロシア各地(モスクワ、ウファ、ペルミ)とフランス・コルマールで開催される音楽祭での演奏機会が授与される。

課題曲

事前審査(YouTube動画)の課題曲は、20分以上30分以内の自由曲プログラムで、対位法・ヴィルトゥオーゾ・古典派の作品各1曲を必ず含まなければならない。

本審査の第1ラウンドは、バッハ:無伴奏パルティータ第3番、パガニーニ:24のカプリースより任意の1曲、モーツァルト:協奏曲第3番~第5番より任意の1曲。

第2ラウンド(セミファイナル)は、ベートーヴェン:ソナタ(第1番・第3番・第5番・第8番より任意の1曲)、ブラームス:ソナタ第1番~第3番(審査員が演奏する楽章を指定)、複数のヴィルトゥオーゾ・ピース(パガニーニ、サラサーテ、イザイ、ヴィエニャフスキ、エルンスト、サン=サーンス他より)、20世紀の現代曲より任意の1曲。

第3ラウンド(ファイナル)は、指定の協奏曲より任意の1曲。(チャイコフスキー、グラズノフ、ブルッフ1番、パガニーニ1番、メンデルスゾーン、ベートーヴェン、ブラームス、プロコフィエフ1番、ショスタコーヴィチ、シベリウス)

応募締切は、3月20日。

公式サイト

673251

photo: Bashkortostan National Symphony Orchestra

スポンサーリンク
 ヴュータンは壮大なスタイルで書きました。その音楽はどこをとっても豊かでよく響くものです。自分のヴァイオリンをよく鳴らそうと思うなら必ずヴュータンを弾いてほしいですね。

ウジェーヌ・イザイ(List

スポンサーリンク
Return Top