Violinear

スポンサーリンク

【チャイコフスキー国際】 壮観! 審査員にビッグネームが続々

118_640px-Здание_Московской_консерваторииphoto by Olga Kuzh

パシュメット、ヴェンゲーロフ、レーピン、カヴァコス・・・

2月7日、「第15回チャイコフスキー国際コンクール」組織委員長のヴァレーリ・ゲルギエフが、6月15日~7月3日までモスクワとサンクトペテルブルクで開催される同コンクールに招聘する予定の審査員リストを公表した。

4部門(ヴァイオリン・チェロ・ピアノ・声楽)で計34名。ゲルギエフがまさに威信をかけて集めたそのリストには、世界のビッグネームがこれでもかと並んでいる。

ヴァイオリン部門では、アッカルド、トレチャコフ、パシュメット、ヴェンゲーロフ、レーピン、カヴァコス、エーネスらが並んで審査員席に座るという、またとない光景を目にすることができそうだ。

リストには、欧米楽壇をリードする音楽家、過去の同コンクール入賞者、著名指導者らと共に、カーネギーホールやヴェルビエ音楽祭等のディレクターらの名前もあり、入賞者のその後のキャリアの後押しを図る狙いも込められている。(Source : Tacc

※氏名末尾にはチャイコフスキー国際コンクールの入賞実績を付した。

ヴァイオリン部門
  • ユーリ・バシュメット (ロシア Yuri Bashme)
  • マキシム・ヴェンゲーロフ (イスラエル Maxim Vengerov)
  • レオニダス・カヴァコス (ギリシア Leonidas Kavakos)
  • ヴィクトル・トレチャコフ (ロシア  Viktor Tretyakov) 1966年 第1位
  • ヴァディム・レーピン (ロシア Vadim Repin)
  • マルタン・エングストローム (スイス  Martin Engstroem) スイス・ヴェルビエ音楽祭(Founder and General director)
  • ミヒャエル・ヘフリガー (スイス Michael Haefliger) スイス・ルツェルン音楽祭(Artistic and Executive Director)
  • ボリス・クシュニール (オーストリア Boris Kushnir )
  • ジェイムズ・エーネス (カナダ James Ehnes)
  • サルヴァトーレ・アッカルド (イタリア Salvatore Accardo)
  • リアナ・イサカーゼ (ジョージア Liana Isakadze)  1970年 第3位

violin

チェロ部門
  • リン・ハレル (アメリカ Lynn Harrell)
  • ヨーヨー・マ (アメリカ Yo-Yo Ma)
  • ミッシャ・マイスキー (イスラエル Misha Maisky) 1966年 第6位
  • ダヴィド・ゲリンガス (ドイツ David Geringas) 1970年 第1位
  • アレクサンドル・クニャーゼフ (ロシア  Alexander Knyazev) 1978年 第3位、1990年 第2位
  • セルゲイ・ロルドゥギン (ロシア Sergei Roldugin)
  • マリオ・ブルネロ (イタリア Mario Brunello) 1986年 第1位
  • クライヴ・ギリンソン (イギリス Clive Gillinson) ニューヨーク・カーネギーホール(Executive and Artistic Director)

cello_0

ピアノ部門
  • セルゲイ・ドレンスキー (ロシア Sergey Dorensky)
  • ドミトリー・バシキーロフ (ロシア Dmitry Bashkirov)
  • ウラディーミル・オフチニコフ (ロシア Vladimir Ovchinnikov) 1982年 第2位
  • デニス・マツーエフ (ロシア Denis Matsuev) 1998年 第1位
  • ミシェル・ベロフ (フランス  Michel Beroff)
  • バリー・ダグラス (イギリス Barry Douglas) 1986年 第1位
  • ピーター・ドノホー (イギリス Peter Donohoe) 1982年 第2位
  • アレクサンドル・トラーゼ (アメリカ Alexander Toradze)
  • メナヘム・プレスラー(ドイツ Menahem Pressler) 91歳

piano

声楽部門(男声 / 女声)
  • オリガ・ヴォロディナ (ロシア Olga Borodina) メゾ・ソプラノ
  • トーマス・クヴァストホフ (ドイツ Thomas Kvasthof) バス・バリトン
  • ユリア・ヴァラディ (ハンガリー Julia Varady ) ソプラノ
  • サミュエル・ラメイ (アメリカ Samuel Ramey) バス
  • ジョン・フィッシャー (イギリス John Fisher) 元ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(Director of Music Administration)
  • サラ・ビリンガスト (アメリカ Sarah Billinghurst) 元ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(Assistant General Manager, Artistic)

voice
尚、昨年12月段階 では、4部門で計16ヶ国、42名の音楽家を審査員に招聘予定とし、ヴァイオリン部門でヴァディム・レーピン、ピアノ部門でボリス・ベレゾフスキー、デニス・マツーエフ、声楽部門でプラシド・ドミンゴらの名前が挙がっていた。

今回公表された34名の中には、ボリス・ベレゾフスキーとプラシド・ドミンゴの名前はない。(ドミンゴは自身のコンクール等で多忙で、参加できてもコンクール終盤での参加になるだろうと言われていた)

さらなる追加を加えた最終確定リストは、近々、公式サイトにアップされる予定。

「第15回チャイコフスキー国際コンクール」公式サイト

(関連記事)

【チャイコフスキー国際】 ヴァイオリン部門の審査員(確定)

【チャイコフスキー国際】 チェロ・ピアノ・声楽部門の審査員

現在までに28ヶ国からエントリー

当初予定されていた応募締切(2月1日)が1ヶ月延長され3月1日となったが、2月7日時点では、以下の28ヶ国からエントリーがあったという。(人数は発表されていない)

ロシア、イタリア、中国、北朝鮮、ポーランド、フィンランド、韓国、アメリカ、台湾、ジョージア、ドイツ、スイス、日本、アゼルバイジャン、ウクライナ、ベラルーシ、チェコ、カザフスタン、トルコ、フランス、コロンピア、スペイン、ウズベキスタン、モンゴル、オーストリア、ノルウェー、ブルガリア、オーストラリア。

スポンサーリンク
 ヴュータンは壮大なスタイルで書きました。その音楽はどこをとっても豊かでよく響くものです。自分のヴァイオリンをよく鳴らそうと思うなら必ずヴュータンを弾いてほしいですね。

ウジェーヌ・イザイ(List

スポンサーリンク
Return Top