Violinear

スポンサーリンク

毛利文香さんが第2位 パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール

paganini_competition_

圧巻のパガニーニ、拍手鳴り止まず

ライブ配信されたファイナルのパガニーニ:協奏曲1番。

圧巻の演奏に、会場のカルロ・フェリーチェ劇場ではブラボーが起き、万雷の拍手が鳴り止まなかった。

3月7日・8日、イタリア・ジェノヴァで開催された「第54回パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール」のファイナルラウンド。

ファイナリスト6名全員が、パガニーニ:協奏曲1番とシベリウス:協奏曲を選択するという、選曲の優位性が効かない完全相対比較の最終ステージ。

そして審査員席には、自らの生徒を審査する有力指導者の姿はなかった。

国際コンクールの新たな審査の形が模索されるそのステージで、日本の毛利文香さん(20歳)は、精度の高い音程感覚と研ぎ澄まされた集中力をいかんなく発揮した。

超絶技巧を見事コントロールし切った伸びやかで情感溢れるパガニーニと、豊かで透明感ある音色でダイナミックかつミステリアスな響きを彫塑したシベリウスで聴衆を魅了し、2006年(第51回)の正戸里佳さん(第3位)以来、3大会ぶりの日本人入賞を果たした。

毛利さんは「2012年ソウル国際」での史上最年少(18歳)優勝に続き、主要な国際コンクールで2度の入賞を達成した。

ファイナルのシベリウスは「2012年ソウル国際」ファイナル、「2010年日本音コン」本選でも弾いた、常に進化し続ける得意のレパートリーとなった。
paganini_competition_2_

ミリアム・フリード氏の溜飲が下がる?

優勝は、韓国のヤン・インモ(Yang In Mo)さん。

完璧な技巧に支えられた躍動感あふれる圧巻の演奏で、特にオーケストラ共演のステージングセンスに関しては群を抜いていた。

ファイナル最後の出演順も功を奏し、「2012年ハノーファー国際」第4位、「2013年年宗次エンジェル」第2位、「2014年メニューイン国際」シニア部門第2位と、国際コンクール・キャリアの階梯を着実に上ってきた経験が見事に実を結んだ。

インモさんは、米ボストンのニューイングランド音楽院でミリアム・フリード氏に師事している。

フリード氏と言えば、今回のパガニーニ国際が有力指導者を審査員から除外する方針を固めた契機となった「2014年インディアナポリス国際」の審査員。ファイナリスト6名中3名がフリード氏の生徒だったことが問題となり、審査員を辞退するという一件が生じ、論議を呼んだ。

【インディ国際】 「半数が審査員の生徒」で大激震

有力指導者のいない審査体制を取ったパガニーニ国際で、自らの生徒が実力で栄冠を勝ち取った。

この会心の結果に、あたかも生徒へのひいきをしたかのような批判を受けていたミリアム・フリード氏は溜飲が下がる思いだったかもしれない。

コンクール公式サイト

入賞者

  • 1st Prize / Yang In Mo  (韓国)  賞金20,000ユーロ
  • 2nd Prize / Mohri Fumika  (日本)  賞金10,000ユーロ
  • 3rd Prize / Menzel Albrecht  (ドイツ)  賞金5,000ユーロ
  • 4th Prize / Pasko Diana  (ロシア)  賞金1,500ユーロ
  • 5th Prize / Suh Elly  (アメリカ)  賞金1,500ユーロ
  • 6th Prize / Medjaniks Dainis  (ラトヴィア)  賞金1,500ユーロ

(特別賞)

  • 最年少ファイナリスト賞 : Yang In Mo  (韓国) 19歳  賞金3,000ユーロ
  • パガニーニ:カプリース ベストインタープリテーション賞 : Tan Yabing (中国) 賞金3,000ユーロ
  • コンクール委嘱曲 ベストインタープリテーション賞 : Yang In Mo  (韓国) 賞金1,000ユーロ
  • 聴衆賞 : : Yang In Mo  (韓国) ファイナル会場とネットで投票し決定 賞金1,600ユーロ
  • 最優秀イタリア人コンテスタント賞 : なし(本審査へのイタリア人出場者はゼロ) 賞金2,000ユーロ

【関連記事】

【パガニーニ国際】 “著名指導者” はゼロ 審査員7名を発表

【パガニーニ国際】伊ジェノヴァで2月28日より予選スタート

photo by “streamingcarlofelice.com” facebook

スポンサーリンク
 弦だとか弓の毛だとか、そんなことを意識しているようじゃだめなんだ。ヴァイオリンは弾くものじゃなく、歌うものだ。

レオポルド・アウアー(List

スポンサーリンク
Return Top