Violinear

スポンサーリンク

【動画】「第8回国際ジュニア音コン」D部門(小5・6)入賞者

22_medium_3320576686

虚心坦懐に他の音を聴く

協奏曲とは、「協力して奏でる曲」。もしソリストが独りよがりで演奏したら、音楽は成立しなくなる。

オーケストラの音をよく聴き、出るべき所と抑えるべき所を見極め、時に音を際立たせ、時に響きを通わせる。

無伴奏曲以外のヴィルトゥオーゾ・ピースやソナタにおいても、主役のヴァイオリンに求められるのは、この主体性を踏まえた調和への志向に他ならない。

同年代のライヴァルの演奏に邪心なく耳を傾けることができるかどうか。

調和への志向を芽吹かせる契機がそこにある。

まずは、自分が弾いたことのない曲の演奏をじっくりと聴いてみよう。

そしてその演奏の長所を挙げてみよう。

動画集は、他の音を虚心坦懐に聴く態度の形成に役立つはずだ。

「第8回(2015)国際ジュニア音楽コンクール」ヴァイオリンD部門(小5・6)

第1位 早川 ももこ さん

シンディング 作曲 / 組曲 イ短調 第1楽章、第2楽章

第1位 江崎 友紀 さん

バッハ 作曲 / 無伴奏パルティータ 第3番よりガヴォット、ジーグ

第2位 秋田 愛絵 さん

ヴィタリ 作曲 / シャコンヌ

第2位 鈴木 陸央 さん

モーツァルト 作曲 / 協奏曲 第5番 第3楽章(一部省略)

第3位 橋本 結登 さん

クライスラー 作曲 / 前奏曲とアレグロ

第4位 高橋 沙弥 さん

モーツァルト 作曲 / ロンド(ハフナーセレナーデ)

第4位 中川 杏莉 さん

バッハ 作曲 / 無伴奏パルティータ 第3番よりガヴォット、ジーグ

第5位 黒川 舞雪 さん

ハイドン 作曲 / 協奏曲 第2番 第1楽章

第6位 田﨑 真那佳 さん

ラロ 作曲 / スペイン交響曲 第1楽章

「国際ジュニア音楽コンクール」公式サイト

「国際ジュニア音楽コンクール」公式フェイスブック

photo credit: mitch98000 via photopin cc

スポンサーリンク
 ヴュータンは壮大なスタイルで書きました。その音楽はどこをとっても豊かでよく響くものです。自分のヴァイオリンをよく鳴らそうと思うなら必ずヴュータンを弾いてほしいですね。

ウジェーヌ・イザイ(List

スポンサーリンク
Return Top